てっの一番いいブログ

AKB48の劇場公演やライブの感想記事がメインのAKB48中級者以上向けのブログ。

AKB48グループ劇場公演入場遍歴と公演レポート一覧

2012年以前は割愛。
 

2013年

02/16 HKT48 チームH・「手をつなぎながら」公演  4巡
03/01 HKT48 チームH・「博多レジェンド」公演 初日 遠方枠 [レポート]
03/06 SKE48 チームE・「逆上がり」公演 2巡 [レポート]
03/12 AKB48 チームA・ウェイティング公演 準優勝 [レポート]
03/19 NMB48 チームBⅡ・「会いたかった」公演 G-9 [レポート]
04/13 HKT48 研究生・「パーティーが始まるよ」公演 3位
04/29 AKB48 研究生・「パジャマドライブ」公演 4月お客様生誕祭 25巡(優勝)
07/26 HKT48 チームH・博多レジェンド公演 森保まどか生誕祭 8巡 [レポート]
09/15 AKB48 チームA・ウェイティング公演 仲俣汐里卒業公演 1巡 [レポート]
10/23 AKB48 チームA・新ウェイティング公演 大島涼花生誕祭 遠方枠 [レポート]
11/30 AKB48 チームA・新ウェイティング公演 伊豆田莉奈生誕祭 7巡
12/08 SNH48 チームNⅡ・シアターの女神公演 VIP席 [レポート]
12/22 AKB48 チームK・ウェイティング公演 20巡

2014年

03/31 AKB48 チームA・新ウェイティング公演 森川彩香生誕祭 [レポート]
07/13 AKB48 チームB・「パジャマドライブ」公演 遠方限定 [レポート]
10/27 AKB48 チームB・「パジャマドライブ」公演 大島涼花生誕祭 [レポート]
11/09 HKT48 チームH・「最終ベルが鳴る」公演 初日 

2015年

07/10 AKB48 チームB・「パジャマドライブ」公演
10/22 AKB48 岩本輝雄「青春はまだ終わらない」公演 大島涼花生誕祭
12/19 HKT48 ひまわり組・「ただいま恋愛中」公演 初日

2016年

04/01 AKB48 チームK10周年記念公演 [レポート]
05/14 AKB48 チームB・「ただいま恋愛中」公演 [レポート]
07/31 AKB48 「僕の太陽」公演(昼) [レポート]
08/12 AKB48 「僕の太陽」公演 [レポート]
09/10 HKT48 チームKⅣ・「最終ベルが鳴る」公演
10/19 NGT48 チームNⅢ・「パジャマドライブ」公演 西潟茉莉奈生誕祭 [レポート]
10/22 AKB48 チームB・「ただいま恋愛中」公演 大島涼花生誕祭 [レポート]
11/30 AKB48 チームB・「ただいま恋愛中」公演 [レポート]

2017年

03/18 AKB48 チームA・「M.T.に捧ぐ」公演 18巡 [レポート]
05/03 NGT48 チームNⅢ・「パジャマドライブ」公演 19巡 [レポート]
05/20 AKB48 「僕の太陽」公演(夜) 5巡 [レポート]
06/03 NGT48 チームNⅢ・「パジャマドライブ」公演 2巡 [レポート]
06/08 AKB48 チームB・「ただいま恋愛中」公演 大島涼花卒業公演 3巡
08/10 NGT48 チームNⅢ・「誇りの丘」公演 4巡
09/22 AKB48 チームB・「ただいま恋愛中」公演 木﨑ゆりあ最終公演 3巡 [レポート]

2018年

03/13 AKB48 あおきー「世界は夢に満ちている」公演 18巡 [レポート]
05/12 STU48 陸上公演 〜出航準備中!〜 [レポート]
06/01 HKT48 チームKⅣ・「制服の芽」公演 本村碧唯生誕祭 6巡
06/30 AKB48 チームA・「目撃者」公演 14巡 [レポート]
08/17 NGT48 チームG・「逆上がり」公演 10巡 [レポート]
09/02 HKT48 チームH・「シアターの女神」公演 千秋楽 9巡 [レポート]
10/13 NGT48 チームG・「逆上がり」公演 NMB48劇場出張公演 39番 [レポート]
10/26 NGT48 チームG・「逆上がり」公演 19巡目 [レポート]
11/28 STU48 陸上公演 〜出航準備中!〜 甲斐心愛生誕祭
12/18 AKB48 あおきー「世界は夢に満ちている」公演 千秋楽 11巡 [レポート]
12/30 NGT48 チームG・「逆上がり」公演 13巡

2019年

01/04 NGT48 チームNⅢ・「誇りの丘」公演 21巡(優勝)
01/26 HKT48 チームKⅣ・「制服の芽」公演  11巡
03/23 HKT48 チームKⅣ・「制服の芽」公演 30巡(優勝)
04/20 STU48 「GO! GO! little SEABIRDS!!」公演 E列 [レポート]
04/23 AKB48 チームK・「RESET」公演 4月度お客様生誕祭 3巡 [レポート]
05/17 AKB48 チームB・「シアターの女神」公演 樋渡結依生誕祭 7巡 [レポート]
06/01 AKB48 チーム4・「手をつなぎながら」公演 10巡 [レポート]
06/16 AKB48 牧野アンナ「ヤバイよ!ついて来れんのか?!」公演 22巡
06/21 AKB48 チーム4・「手をつなぎながら」公演 村山彩希生誕 13巡 [レポート]
07/06 SKE48 チームE・「SKEフェスティバル」公演 18巡
07/13 HKT48 チームTⅡ・「手をつなぎながら」公演 28巡(3位) [レポート]
07/27 AKB48 チームK・「RESET」公演 20巡 [レポート]
07/31 HKT48 チームKⅣ・「制服の芽」公演 植木南央卒業公演 9巡
11/28 AKB48 チームB・「シアターの女神」公演 樋渡結依卒業公演 12巡 [レポート]

2020年

01/01 AKB48 元日公演 15巡
02/11 HKT48 チームKⅣ・「制服の芽」公演 19巡 [レポート]
02/15 AKB48 チームK・「RESET」公演 13巡 [レポート]
11/21 HKT48 チームオレンジ・チームイエロー・「博多なないろ」公演 13番 [レポート]
12/12 AKB48 「IxRに会える☆」公演 久保怜音生誕祭 20巡 [レポート]
12/27 AKB48 北山さきりんご ソーシャルディスタンス公演 北澤早紀生誕祭 3巡 [レポート]

2021年

04/17 AKB48 「僕の夏が始まる」公演 19巡(準優勝) [レポート]
06/18 AKB48 チームB・「シアターの女神」公演 中西智代梨生誕祭 18巡 [レポート]
07/29 AKB48 チームA・「目撃者」公演 10巡 [レポート]
07/30 HKT48 チームKⅣ・「制服の芽」公演 15番

HKT48 チームKⅣ 「制服の芽」公演 石橋颯生誕祭 (21.7.30) 感想・レポート

2021年7月30日(金) 18:30~
HKT48 チームKⅣ 「制服の芽」公演 石橋颯生誕祭

出演メンバー

石橋颯・今田美奈・運上弘菜・熊沢世莉奈下野由貴・竹本くるみ・地頭江音々・馬場彩華・渕上舞本村碧唯・上島楓・市村愛里・川平聖・坂本りの・田中伊桜莉・村上和叶

 

感想

自身2回目のHKT48新劇場。
チーム公演が始まった時からずっと来たくて、やっと来ることができました。
座席番号は何と15番!
前回に続いてセンターブロックの2列目と引き良すぎです。
西鉄ホールの時は常にひどい引きでしたが、新劇場とは相性が良いのでしょうか。
前回の時は全席フェイスシールド着用でしたが、今回は最前と両端の席のみ着用に改善されていました。
ですので2列目のこの位置は実質一番いい位置なのではないでしょうか。

 

約1年半ぶりに見たKⅣ公演はめちゃくちゃ楽しかったです!
薄くではありますがHKT48はこれまで10年近く追ってきていて、HKT48はこれぐらいの面白さというのを理解していたつもりでした。
この日の公演はその範疇を遥かに超えてきて、爆発的に面白くてびっくりしました。
こんなに面白かったのは前の専用劇場があった時以来だと思います。
席が良かったのもありますが、専用劇場+チーム公演はやっぱり面白さが全然違いますね。

 

この日は原点回帰であおいちゃんを一番見ていました。
もうずっと可愛い。
顔も可愛いですが、何よりキャラクターが可愛すぎます。
お見送り間に合わなくて「待って~!」って全力で駆け寄ってきたところが可愛すぎて笑顔になりました。
その反面、パフォーマンスはめちゃくちゃカッコ良い。
このギャップに10年近くずっとやられ続けています。
颯の生誕祭の時とか子供を見守る表情が温かくて好きです。f:id:airjack7:20210801193056j:plainf:id:airjack7:20210801193033j:plain

音々ちゃん
可愛いと綺麗のハイブリッドで、スタイルも良いし美人すぎます。
パフォーマンスも素晴らしく、ダンスも表現力も見事です。
全てがハイクオリティで非の打ち所が一切ありません。
これだけの完成度の高いメンバーはなかなかいないのではないでしょうか。
逸材すぎます。
当時の空気を知りませんが、制服の芽でセンターに抜擢したのは大正解の選択になったと思います。
こういう人こそセンターに立って欲しいと私は思います。
特に、水のないプールでの表現は一級品です。ぜひ一度見て欲しい。画像

個人的にこの日最大の発見だったのがくるたん
ヴィジュアルはひーわたんを彷彿とさせる神がかった可愛さ。
そしてダンスが上手く、パフォーマンス面でも魅力があります。
公演の途中で捕まって目が離せなくなりました……。
冷静に考えると、このヴィジュアルとパフォーマンスは超私の好みど真ん中ですよね。気にならないわけがなかった。
気になりすぎて家に帰ってきてからめっちゃ調べています笑f:id:airjack7:20210801194821p:plain


元気で明るい感じがすごく好きです。見ていて元気をもらえます。
こういうメンバーがチームにいるとチームの雰囲気が明るくなって良いですよね。
生誕祭での純粋な涙には心が洗われました……。画像

 

16人公演を見るのはかなり久しぶりでした。
目の負担が激しいです笑 追いきれません。
というかそもそもこの公演に見たいメンバーが多すぎます。
あおいちゃん、音々ちゃん、くるたん、楓ちゃん、颯、なっぴ、しなもん、舞ちゃん、さやまる……。
HKT48全体でセンター張っているなっぴですら見る余裕がないという。
16人公演はやはり迫力があって良いですね。
特に振りがきっちり揃っているとかではなかったのですが、ファンをとにかく楽しませようという姿勢は伝わってきました。
そういうところがHKTの好きなところです。画像Image with no description

Image with no descriptionf:id:airjack7:20210801201058p:plain

<この項・了>

※公演の画像は@nishispo_hkt48さんより

AKB48 チームA「目撃者」公演 (21.7.29) 感想・レポート

2021年7月29日(木) 12:30~
AKB48 チームA「目撃者」公演

出演メンバー

佐藤美波・篠崎彩奈・鈴木くるみ・田口愛佳・西川怜・古川夏凪・道枝咲・山根涼羽

 

感想

行ってきました!約3年ぶりの目撃者公演!!

↑3年前に書いたブログ記事 

目撃者公演の応募に至るまで

前回入った時に目撃者公演の良さに感動したのを昨日のことのように覚えていますが、3年以上経っていたことに驚きます……月日の流れは早い。
目撃者公演はずっと行きたかったのですが、どうしても推しがいるB公演が優先になってしまい(B公演もそれほど入っていませんが)、その他その時に興味ある公演にもちょくちょく入っていたら3年も経過してしまいました。

ところで皆さんは2021年のおうちリクアワを覚えていますでしょうか?
チームBの回で2010-2011年の楽曲が対象だったのですが、3位がずっとずっと、2位が摩天楼の距離、1位が憧れのポップスターと見事に目撃者公演の楽曲がベスト3を独占
そして、おうちリクアワではチームAの回とSecond Generationの回で素晴らしいパフォーマンスを見せて大活躍し印象を残したのが田口愛佳ちゃん
劇場で生でパフォーマンスを見てみたい!と強く思わされました。

上記の出来事から目撃者公演への興味がメラメラと再燃してきて、B公演1回当たったらすぐ応募しようと決意し、先月にB公演を当てて、怜ちゃんと愛佳がいるタイミングを待ってやっと応募できました。

それで来たのがまたもキャン待ち!!
今年キャン待ち多すぎでしょ。こんなに多い人他にいるのか?

f:id:airjack7:20210731205845j:plain

f:id:airjack7:20210731205853j:plain

※翌日の公演は無理な番号でした。

今回はキャン待ち6番だったのでまあ大丈夫だろうと思いつつも、前日まで全く番号が進まず不安に苛まれました。

 

目撃者公演での狙いのポジションと実際

前日の夜にやっと繰り上げ当選が確定。
フォロワーの方に「怜ちゃん狙いなら下手が良い」というアドバイスをいただいたのですが、自分でも予習した結果、目撃者公演自体をじっくり見たいのもあり、センブロの拘りがなかなか捨てられないので本命は立ち最センブロ下手2.5に。

結局この日は抽選順が10巡で、たまたま直前ギリギリで立ち最センブロが埋まってしまったため、アドバイスを思い出し、下手ブロック立ち最柱2の位置を選びました。
これが結果的に大正解の選択になります

 

目撃者公演の魅力 

3年前の記事で目撃者のイントロに感動したと書いていて、大袈裟だなと思っていたのですが、実際見るとこの日もかなりの感動がありました。
目撃者のイントロは本当に良い仕事をしていて、このイントロ一発で公演の世界に引き込まれます。
私の2011-2012年当時の思い出補正もあると思いますが、非常に心を揺さぶられるイントロです。f:id:airjack7:20210731210345j:plain

2曲目の前人未到
え!?こんな良い曲だった!?と驚かされました。
目撃者からの流れが見事で曲の良さが引き立っています。

前半4曲の目撃者→前人未到→いびつな真珠→憧れのポップスターの流れは素晴らしいですよね。
この流れで見る憧れのポップスターは、ステージを視覚と聴覚でしっかりと感じ取ると、光が差し込んでくる感覚を覚えます。
これが何とも言葉に表せられない良さがあります。f:id:airjack7:20210731210519j:plain

 

私は目撃者公演のユニット曲についてはこれまで何度か厳しい評価をしてきましたが、このユニット曲があるからこそ全体曲が活きているのではないかということにこの日気付かされました。
ユニット曲は派手さはないものの、目撃者公演の世界観にしっかりと溶け込み、ユニット明けの美しき者からまた世界が動いていく前で、繋ぎとしての役割を果たしています。

 

ユニット明けの美しき者→アイヲクレ→摩天楼の距離の流れは完璧です。AKB48の公演史上最も完璧な流れだと思います。
(RESETの毒蜘蛛→オケラ→ホワイトデーには…が次点)

この日見た摩天楼の距離は凄すぎました!
こんなにも楽しい時間が他にあるのかというくらいに楽しすぎて頭おかしくなるレベルでした。
摩天楼の距離はあおきー公演でもやっていて、単体で聴いてもAKB48屈指の名曲だと思いますが、目撃者公演のこの流れで聴くと全く違って何倍も良い曲に感じます。f:id:airjack7:20210731210851j:plain

アイヲクレのアウトロから摩天楼の距離のイントロの繋ぎ方、神がかっていますよね。
アイヲクレの閉じた世界から、摩天楼の距離のイントロで、ドラムがリズムを刻みながら徐々に盛り上がっていき、開始20秒くらいでギターが入ってきて無限大の世界に広がっていく高揚感がやばすぎます。
こんなにもドーパミンがドバドバ生成されるイントロどうやったら作れるのでしょうか。
間奏のクラップも楽しすぎます。
3連MIX打てないのが残念ですが、この日は周りの観客の盛り上がりにも恵まれ、半端なく楽しかったです。

摩天楼の距離は歌詞も素晴らしい。
摩天楼の距離の歌詞は前田敦子さんに当て書きしたのではないかとよく言われていますが、それだけに歌詞の熱量・完成度の高さが他の曲と比べても抜きん出ていると感じます。
この日のセンターは怜ちゃんでしたが、AKB48の輝きと残酷さを歌った歌詞は、センターに立つ人の誰にも心に深く響く歌詞なのではないでしょうか。
過去で印象に残っているのは本田そらちゃんの卒業公演の摩天楼の距離
そらちゃんがセンターで歌って踊る姿は、エモさ溢れる最高の光景でした。

命の意味は重厚な音楽がジーンと感動を誘います。
アンコール開けのI'm crying→ずっとずっと→Pioneerの流れも陰陽・冷熱の流れが見事です。

目撃者公演は流れが本当に見事で、極めて完成度の高い公演だと思います。
目撃者公演の真の良さは劇場で見て初めて体感できます。
ぜひ皆さん劇場公演に足を運んでください。(何の宣伝?)

 

メンバーについて

怜ちゃん狙いのポジション取りでしたが、想像を遥かに超える爆レスで笑いました。楽しすぎます。
この位置が怜ちゃんが多く来るのもあるし、来たら毎回爆レスでびびります。(ヲタクの思い込み)
怜ちゃん推しはこのポジション一択だと思います。それぐらい良い。

冒頭に紹介した3年前の記事で絶賛しましたが、あの時は14歳だったのですね。
こんなに成熟した14歳は他にいません。
3年ぶりに見た怜ちゃんはしっかり成長も感じ取れて、良さを残しながらより大人な表現力の深いパフォーマンスに進化していたように感じました。
怜ちゃんの魅力は何と言っても目。
目撃者(曲)の時点で、あの美しい瞳に吸い込まれて、FFで言う魅了状態になって怜ちゃんしか追えなくなりました……。
やっぱり怜ちゃんがNo.1!!f:id:airjack7:20210731212526j:plain

愛佳は3年前の記事では期待以上のパフォーマンスでなかったと書きましたが(すみません)、この日はバッチリ期待を上回ってきました。
愛佳はこの1年でめちゃくちゃ成長したと感じます。
驚くくらいに細かい手や腕の動き、陰鬱な表情の表現力、手の振りは滑らかで美しい。
何もかもがハイパフォーマンスで素晴らしかったです。
お金を取れるパフォーマンスなのかという議論が昔からよくありますが、愛佳のパフォーマンスはその域に到達していると思います。
それくらい魅力があります。今のAKB48ではトップクラス。
何か最近はたかみなみたいな雰囲気を感じます。
可愛いたかみなという感じ。(たかみなが可愛くないという訳じゃなくて系統の問題)
f:id:airjack7:20210731213240j:plainf:id:airjack7:20210731213254j:plain

さとみなは可愛くなりましたね~。
おそらく怜音とかはーたん同系統で、僕の好きなタイプ。
最近かなり気になる存在です。f:id:airjack7:20210731213813j:plain

くるるんはMCがめちゃくちゃ面白かった。
モスキート音出していたのと、怜ちゃんにMCもう1回させてたの面白すぎました笑
この人は弄られた時に進化を発揮するタイプですよね。
最近くるるんがMCにいるとつい注目してしまいます。f:id:airjack7:20210731214234j:plain

 

チームAについて

ブログとかツイートを読んでくださっている方はご存知かもしれませんが、チームAに関して私はこれまでずっと批判してきました。
KとBに比べてかなり軽視してきたチームなのですが、それだけにこれだけ面白い公演を見せてくれた衝撃が大きい。
コロナ禍以降で見た公演では間違いなく最高、それどころか歴代見てきた中でも屈指に楽しかった公演と言っても良いくらい。
この日があやなん以外みんな若手というのもあったかもしれませんが、確実に良いチームになってきています。

しかしながら、こういうことがあるから劇場公演は面白い。
劇場公演が新規をどれだけ取り込んでいるのかは分かりませんが、既存ファンを引き止める抑止力は間違いなく大きいです。
劇場公演のクオリティが維持される限り、AKB48ファンは辞められないなと思います。
(著名人公演とか前回のチームとかひどい時期もあったけどよくここまで戻してくれた……)

 

<この項・了>

Photo by https://twilog.org/dedemaruenzo/date-210729

21.6.18 AKB48 チームB「シアターの女神」公演 中西智代梨生誕祭 感想・レポート

2021年6月18日(金) 18:00~
「シアターの女神」公演 中西智代梨生誕祭

出演メンバー

岩立沙穂北澤早紀久保怜音・齋藤陽菜・谷口めぐ・中西智代梨・山邊歩夢・吉川七瀬

 

感想

キャン待ちとの戦い

これまでも何度か書いていますが、全公演オンデマで見ているくらいに今のチームBが大好きで、ずっと応募しているのですがなかなか当たりません。
これまで入ったのはわずかに2回。
それもひーわたんの生誕祭と卒業公演のみと、推し補正無ければ一切当たらないという干され具合。
今年は3月21日のB公演でキャン待ち12番が来ましたが、対内がわずか4しか伸びず、悔しい結果となってしまいました。

今回も届いたのはキャン待ちでしかも22という苦しい番号。
毎日キャン待ち情報のブログをチェックして、やっぱり厳しそうだな~と思いつつもギリギリ希望は捨てず……。

直前で事前キャン待ちが15まで伸びたところで望みが出てきて、劇場でひたすら願った結果、キャン待ち22まで伸びて入れました!!
マジでギリギリ。涙を飲んだ前のキャン待ちを果たすことができました。

キャン待ちの話が長くなりましたが、実に19年11月以来の1年半ぶり以上のB公演でした!
抽選順は18巡とかで全然良くなかったのですが、狙いの立ちセンブロ下手2?2.5?が取れたので良かったです。

 

公演の感想

僕の今の2大推しと言える怜音ちゃんとはーたんが同時に見られるステージはとても贅沢な時間でした。
劇場公演来るの初めてかってくらいに全身全霊で楽しみました。
最近はユニット公演や、僕夏公演を見てきましたが、やっぱりチーム公演が一番良いなと思いました。

オネストマン怜音ちゃん
完全にこれ狙いでポジション決めたのですが、いざ食らうと衝撃やばいです。
お見送りでも「久しぶり~」って言ってもらえて嬉しかったです。
思い返すと、怜音ちゃんを劇場で見たのって昨年12月の生誕祭が最後なんですよね。
もう半年も経っているのか。

怜音ちゃんは本当にずっといつまでも可愛くて凄いですよね。
身長は伸びたのにずっと可愛くて、ファンがこうなって欲しいという理想の成長の仕方をしているのではないかと思います。
現実にこんな人本当にいるのかってくらいに理想のアイドルです。

はーたんにはまたしても驚かされました。
生で見るとびっくりするくらいの衝撃の可愛さ。
2ヶ月前の恐竜MCの回で見た時よりも間違いなく更に可愛くなっています!

特に衝撃を受けたのが横顔の美しさで、あまりにも容姿の完成度が高すぎてびびりました。
声含めヴィジュアルが本当にTHE アイドルで、その輝きに意識が自然と引きつけられます。
今があまりにも全盛期すぎて、1秒たりとも見逃したくないと思わされる存在です。
運営が最近推し始めたこともすごく納得させられます。

怜音とはーたんのことしか考えていなかったので、めぐがいることを把握していなくて今日いるのは嬉しいサプライズでした(?)
この前の記事で「チームBのセンターはめぐが一番いいのではないか」と書きましたが、この日見てやっぱり華があるな~と感じました。
この日のMCでもダンスキレキレに踊るメンバーはBにはあまりいないという話がありましたが、チームBにとってめぐは代えのきかない重要なメンバーです。

最近入った公演に毎回いるさっきー
ユニットではじっくり見ることができたのですが、「初恋よ こんにちは」でも「キャンディー」でも表現力の繊細さに驚きました。
この曲でこんな細かい表現ができるのかという新たな発見がありました。
散々見てきた公演でまだ新しい感性を与えてくれるってすごいですよね。
さっきーとさっほーの13期の組み合わせも久々に見られて嬉しかったです。

この前HKTの記事書きましたが、ちょりは2012年にHKT48劇場で見ているはずなんですよね。
まさか9年後にAKB48劇場で生誕祭を見ることになるなんて予想できませんでした。
ちょりは本当に面白いですよね。
ツッコミとしてはAKB48でナンバーワンの腕だと思います。
B公演のMCは全チームで一番面白いと思いますが、それはちょりやかよよんのツッコミの貢献が大きいです。

前説がめぐみんだったのもラッキーでした。
めぐみんのキャラクターは癒やし度が高いですね。
中毒性も高そうで危険な香りがします。

 

 2人を推していくこと

この怜音とはーたんの2ショットはあまりにも可愛さが溢れすぎていてすごい……。
見た瞬間に思わず唸ってしまいました笑
今年ベストショットかもしれません。北澤早紀さんありがとうございます。

f:id:airjack7:20210627170423j:plain

この公演の2日後にまけんグミフェスを見に行って、そこでも怜音とはーたん2人ともいて最高だったのですが、2人とも常に見たすぎて限界も感じます……。
これまでずっと単推しだったため、2人同じくらい推していく難しさを初めて実感しています。

<この項・了>

宮脇咲良 HKT48 卒業コンサート 〜Bouquet〜 セットリスト・感想

2021年6月19日(土) 18:00~
宮脇咲良 HKT48 卒業コンサート 〜Bouquet〜

出演

HKT48兒玉遥指原莉乃

 

セットリスト

本編

M00. overture
M01. 桜、みんなで食べた
M02. 君のことが好きやけん
M03. 初恋バタフライ
M04. 早送りカレンダー
M05. 希望的リフレイン

ーMCー

M06.  マンモス (宮脇咲良チームH)
M07. 夏の前 (チームKⅣ)
M08. 空耳ロック (宮脇咲良・チームTⅡ)

ーMCー

M09. 僕の想いがいつか虹になるまで (宮脇咲良田中美久松岡はな)
M10. 夢を見ている間 (宮脇咲良矢吹奈子)

ーMCー

M11. 制服のバンビ
M12. 胡桃とダイアローグ
M13. LOVE TRIP
M14. ジワるDAYS (宮脇咲良本村碧唯松岡菜摘)
M15. サヨナラの意味 (宮脇咲良今田美奈熊沢世莉奈下野由貴秋吉優花上野遥神志那結衣坂口理子田島芽瑠渕上舞)
M16. 思い出のほとんど (宮脇咲良村重杏奈)
M17. 夕陽を見ているか? (宮脇咲良今田美奈熊沢世莉奈下野由貴松岡菜摘村重杏奈本村碧唯)

ーMCー

M18. 彼女 (宮脇咲良)
M19. 夢でKiss me! (宮脇咲良)

ーMC(ヴィデオメッセージ)ー

M20. スキ!スキ!スキップ!
M21. しぇからしか!
M22. ウインクは3回
M23. メロンジュース
M24. 大人列車
M25. 12秒

ーMCー

M26. 最高かよ

 

アンコール

E01. あなたがいてくれたから

ーMC(卒業スピーチ)ー

E02. 思い出にするにはまだ早すぎる
E03. 君はメロディー

ーMCー

E04. 桜、みんなで食べた

 

感想

HKT48の個人的な思い出

宮脇咲良ちゃんの卒業コンサートに行ってきました!

HKT48の記事は滅多に書かないし、僕が宮脇咲良ちゃんを好きなことは多分もう誰も知らないと思います。
実際、近年は全く追っていなかったですし。

HKT48に爆発的にハマっていた時期がかつてありました。
2012-2013年という非常に短い期間です。
ハマったきっかけを話すと、当時就活していて、某総合電機メーカーの工場見学で福岡に行く機会があったのですが、その時に前乗りして劇場公演を見に行って、HKT48劇場の最高の雰囲気と手つなという素晴らしい公演によって、すっかり心を魅了されてしまいました。
メンバーのことを全く何も知らない状態で乗り込んだのですが、公演を見て一番気になったメンバーがあおいちゃんとそして咲良。

その後、咲良の公演での表現力とキャラクターの面白さにどんどんハマっていきました。
Google+の企画「咲良の無限の挑戦~限界なんてない~」など、とにかくファンを楽しませようとする姿勢が素晴らしく、熱意が抜きん出ていたように感じました。
2012年に咲良は総選挙でランクインしましたが、当時少ないながら投票するほどにハマっていきました。
(早くコンサートの感想に入れ)

時は流れ2021年の今日。
僕はこれまでたかみなだったり、まゆゆだったり、小嶋さんだったり、卒業コンサートを見逃し続けていて、後悔をすることが結構あって……。
そういった過去の経験にも背中を押されて、今日の咲良の卒コンを現地で見る決断になりました。

 

コンサート本編

ほとんどの部分を咲良が考えたセットリスト。
開演前に流れていた咲良のインタビューで、

歴史を感じられるコンサートになっているんじゃないかな

という話をしていましたが、まさしくその通り、咲良の10年間の活動を一望できるような素晴らしいセットリストでした。

序盤、個人的に思い出どストライクの「君のことが好きやけん」「初恋バタフライ」では博多レジェンド公演の楽しい思い出が蘇ってきました。

f:id:airjack7:20210621225408j:plain

 

一番グッと来たのは「ジワるDAYS」。
この曲は本当に心を大きく揺さぶってきて大号泣でした……。
HKT48にハマっていた頃の1~3推しの咲良・あおい・なつの3人。
結成から約10年経ってもこの3人の共演が見られるのは幸せなことです。
3人とも泣きながら歌う美しい光景に、HKTの楽しい思い出だけでなく自分の当時の日常も色々と思い出して……。
2012年は自分の人生で大きな決断を下しましたが、それはHKT48と咲良がいなかったら絶対できていなかった決断です。
結果として今年戻ってきてしまいましたが、咲良は自分の人生に少なからず影響を与えた人物なのは間違いなく、今日現地で見送れたこと、このジワるDAYSの光景を見られたことは大きかったです。

f:id:airjack7:20210621225948j:plain

 

ソロの「彼女」と「夢でKiss me!」。
個人的にはあおきー公演とひーわたんを思い出さざるを得ませんでした。(咲良関係ない)
でもソロで歌っていると輝きがまあ凄まじいですね。
これが世界で戦ってきたエースかと思い知られされました。

画像

 

アンコール

アンコールは「あなたがいてくれたから」から。
この曲を選ぶのはめちゃくちゃ咲良っぽいなと思いました。

そして、卒業スピーチ。
各方面への感謝を丁寧に伝えるロングスピーチ。
これが咲良らしさが詰まっていて、ずっと応援してきた人にとっても、私のような少しの間だけ追っていた人にとっても、心にジーンと来る言葉の数々だったのではないかと感じます。

咲良の卒業ソングである「思い出にするにはまだ早すぎる」。
咲良のズバッとハマる歌詞。
峯岸さんと咲良が卒業して、秋元康が思い入れあるメンバーはもうゆきりんくらいしか残っていないのでしょうか……。

君はメロディー」はこの日がベストな形で使われたのではないかと思うくらいに最高にいい曲に感じました。
君はメロディーは今まであまりピンと来なかったのですが、この日、この曲の真価を知りました。

最後の曲は「桜、みんなで食べた」。
今日の1曲目と最後の曲が同じ、そして指原さんの卒業コンサートでも最後の曲に使われる等、HKTにとってAKBの「桜の花びらたち」のような重要な曲になりました。

f:id:airjack7:20210622225407j:plain

 

全体の感想

最高のクオリティの、圧巻の卒業コンサートでした!
咲良の美しさ、思い出を綺麗に振り返れるセットリスト、演者の輝きを増す魅力的な衣装、1曲1曲に力の入ったモニター映像の演出、最後の美しい桜吹雪……何から何まで一級品で、1分1秒最高の瞬間しかなくて、時間を忘れて心から楽しみました。
ここまで凄い卒業コンサートはもう立ち会えないのではないでしょうか。
現地に見に行ってこの空間を体感できて幸せでした。
宮脇咲良ちゃんの今後が多くの幸せに溢れますように。

f:id:airjack7:20210622231308j:plain

 

 

 

 

 

 

<この項・了>

AKB48 THE AUDISHOW ~Second Generation~ セットリスト・感想

2021年6月13日(日) 12:30~
AKB48 THE AUDISHOW Second Generation

出演メンバー

小栗有以、下尾みう、鈴木くるみ、田口愛佳、千葉恵里、西川怜、下口ひなな、長友彩海、武藤小麟、大盛真歩、久保怜音、齋藤陽菜、浅井七海、稲垣香織坂口渚沙、山内瑞葵

 

セットリスト

前座

M01. ハイテンション ~円周率ver.~ (齋藤陽菜・大盛真歩・長友彩海)

 

ソロミニライヴ

M01. ガラスのI LOVE YOU (齋藤陽菜)
M02.  君だけにChu!Chu!Chu! (齋藤陽菜)

 

オーディションパート

M01. AKBフェスティバル
M02. 言い訳Maybe

ーEKB(笑顔 可愛い 番長)オーディションー

M03. 君のことが好きだから (久保怜音センター)
M04. 会いたかった

UKB(動けて キレてる 番長)オーディションー

M05. NO WAY MAN (下尾みうセンター)
M06. ウッホウッホホ

ーKKB(キュンとする カラオケ 番長)オーディションー

M07. 365日の紙飛行機 (齋藤陽菜センター)
M08. 赤いスイートピー

ー芸能人限定AKBオーディション(パパラピーズ)ー

M09. フライングゲット
M10. ヘビーローテーション

 

ライヴパート

M00. overture
M01. Generation Change (西川怜センター)
M02. モニカ、夜明けだ (下口ひななセンター)
M03. ジタバタ
M04. Teacher Teacher (小栗有以センター)
M05. 最強ツインテール (坂口渚沙久保怜音、鈴木くるみ、稲垣香織、武藤小麟)
M06. わかりやすくてごめん (小栗有以、千葉恵里、大盛真歩、齋藤陽菜、長友彩海)
M07. それでも彼女は (山内瑞葵、西川怜、浅井七海、下口ひなな、下尾みう、田口愛佳)

ーMCー
M08. 君は僕の風 (鈴木くるみセンター)
M09. 好きだ 好きだ 好きだ (小栗有以センター)
M10. 思い出マイフレンド (大盛真歩センター)

ーMCー
M11. センチメンタル・トレイン (田口愛佳センター)

 

アンコール

EN1. 恋するフォーチュンクッキー

 

感想

はーたんの抜擢

チームBの回に引き続き、Second Generation(以下SG)の回にも行ってきました!
SGは1月の(中止になった)TDCでのコンサートと基本的には同じメンバーなのですが、ずんちゃんが残念ながら休業してしまったためにそこの1人だけ入れ替わりました。
そのメンバーが何とはーたん!

昨年の12月8日にSGのメンバーが発表された時に、16期がかなり多くてドラ3がまほぴょんだけという構成に、もう1人くらいドラ3を使っても良いのではと私が発言しましたが(その後おうちリクアワで16期の実力を実感し妥当な選出だと納得しました)、まさかそこにはーたんが入ることになるとは思いもしませんでした。
私ははどうもはーたんの実力を見くびっていたようです。

クロフェス出演の辺りからちょっとずつ良い流れが来ているなと感じていましたが、このAUDISHOWのSGへの選出、まほぴょん・あやみんと共に全公演での前座に抜擢、そしてこのSGの回ではソロミニライヴもと、結果としてAUDISHOWは過去最大にはーたんの活躍が見られるコンサートになりました。

そして、まだもう1つ、いや2つのサプライズが来るとは、開演前のこの時点では予想もしていないのでした……。
あ、席はアリーナ実質3列目の下手側でした。
TDCでは過去に13期コンサートで最前でしたが一番端だったので、今回が過去最高の席運だったかもしれません。

 

前座とミニソロライヴ

前座は「君のC/W」と「初めてのジェリービーンズ」を交互にやっていましたので、夜はC/Wかな~と思って呑気に登場を待っていたら、え、はーたんがセンターにいる!?
「はーたんセンターのパターンもあるのか!」と喜んでいたら、曲前にいきなり珍百景の時の話をし始めて、「円周率ヘビーローテーションやるの!?」と興奮していたら、何とハイテンションの円周率ver.という新しいものを披露!(何回驚いているんだよ)
これが1つ目のサプライズでした。

ハイテンションはヘビロテよりも円周率に合っていて良いなと思ったのですが、とにかく難しい!
はーたんは緊張もあって成功したとは言えませんが、この挑戦心は我々を楽しませてくれました。

そのまま引き続きはーたんのソロミニライヴ。
はーたんが大勢の観客の前で堂々と歌っている姿に大感動
ガラスのI LOVE YOU」も「君だけにChu!Chu!Chu!」もはーたんの初々しさと可愛さが存分に表れていて心が浄化されました。

f:id:airjack7:20210614231740j:plain

 

オーディションパート

最初のAKBフェスティバル。
下手に怜音と怜ちゃんとはーたんが偶然固まっていて、あーこれは良いコンサートになると確信しました。
過去に最高だったコンサートはそういうことがよくありました。(チームKのTbcで愛美と十夢とこみが並んだシーンとか)

SGのオーディションパートはレベル高かったですね~!
各メンバーが観客を楽しませようという熱意に溢れていて、それがこちらにも伝わってきました。

実感させられたのはさとれいの実力
EKBを獲得した怜ちゃん。面白すぎます!
SHOWROOMでもいっつも面白くて、笑いのセンスがめちゃくちゃハイセンス。

↓ 面白いSHOWROOMの一例

こんなに美人で頭も良いのに面白いって最強スペックすぎて困ります。

f:id:airjack7:20210614230250j:plain

怜音も面白すぎました笑
EKBの時に怜音いなくて「え!? UKBに出るの!? 大丈夫?」となって、自己紹介の時に「今すぐもう帰りたい」と弱気な姿勢を見せていてまずそこで笑う笑
そこからサバさんのダンスでUKB獲得したのエンターテイナーすぎてやばい笑

f:id:airjack7:20210614231159j:plain

この2人は売れるべくして売れたんだなと思うことが最近多いです。

UKBは怜音だけじゃなくて、ひなな~ゆいゆい~くるるん~愛佳が連続してずっと面白くてレベル高かったですね。

NO WAY MANの下尾の完璧なパフォーマンスに感心して、KKBはなぎちゃんが獲得しているのを再び呑気に見て油断していたのですが、その次の「365日の紙飛行機」!
「はーたんのポジションどこかな~」って探していたら何とセンター!!
今日2回目のびっくり驚きのサプライズ!!
はーたんは歌声が本当に可愛くて癒やされます。
爽やかな曲の365日の紙飛行機には、はーたんの歌声がぴったりでした。
またしても大感動の光景に涙……。

f:id:airjack7:20210615223957j:plain

 

ライヴパート

1曲目から「Generation Change」!
怜ちゃんがこの曲をセンターで歌っている景色にはいつも心が震えますが、この日が一番鳥肌が立ったかもしれません。
AKB48の未来を担うSGを背負ってライヴパートの先陣を切っているの最高にカッコ良かったです。
怜ちゃんはあまりパフォーマンスの良さが話題になっていないイメージですが、ダンスも表情も素晴らしく、個人的にかなりツボです。
現場行くたびに怜ちゃんの良さを思い知らされているように感じます。

f:id:airjack7:20210615231135j:plain

 

他は何と言ってもまほぴょんセンターの「思い出マイフレンド」!
初披露のタイミングが中止に次ぐ中止で、やっとやっとの初披露。

f:id:airjack7:20210615230944j:plain

思い出マイフレンド大好きで、MVがめちゃくちゃ良くて、普段初回限定版買わないのですがわざわざ買いました。


初披露のタイミングには絶対立ち会いたいと思っていましたので、結果的に1月のTDCが延期になって今日の初披露の場に立ち会えて幸せです。
まほぴょんには前日の「ホワイトデーには…」で泣かされましたが、思い出マイフレンドの想いが詰まったステージパフォーマンスに連日泣かされました……。

まほぴょんの良さは言葉にするのが非常に難しい。
現場で見ないと分からないと思います。
先日、指原さんも峯岸さん卒コン後の配信で気になったメンバーにまほぴょんを挙げていましたが、劇場やコンサートを見てファンになった人をよく見かけます。
ステージでの圧倒的な輝き、追っていて飽きない、今推して大正解のものすごく魅力的なメンバーだと思います。
最後のドラ3を代表してのしっかりとしたコメントには感動しました。

ドキュメンタリーめちゃくちゃ良かった。

 

ラストは愛佳センターの「センチメンタル・トレイン」。

f:id:airjack7:20210615231751j:plain

ここまで話題に出していませんでしたが、愛佳はこのAUDISHOW全体でのMVPだと思います。
ミニソロライヴは凄いステージでした。
あまりにもステージを作り上げる能力が高くて衝撃的でした。
すぐにでもソロコンやった方が良いです。
愛佳は昔はそれほど気になる存在ではなかったのですが、1月のおうちリクアワでも1人だけ強烈なインパクトを残していたり、ここ1年くらいでメキメキと力を伸ばしてきたと感じます。
はっきりと努力の跡が見られ、今ではもう若手の中ではナンバーワンのパフォーマーと言っていいくらいに成長しました。
ブレイクするタイミングがもうすぐ訪れるのではないかと非常に楽しみなメンバーの1人ですね。
この日の最後にセンターで見られたのはすごく嬉しかったです。

 

全体として

AKB48 THE AUDISHOWは配信含め結構見ましたが良いイベントでした。
多分、好きなメンバーの範囲が広い人にとっては楽しかったのではないかと思います。
特にこのSG回はこんなにも思い出に残るコンサートになって大満足です。

ゲストパートはいらなかったけど。
どの層の需要に向けたゲストパートだったんだ。
百歩譲ってあってもいいけど時間長すぎでしょ。
質問固定メンバー全員にさせていたけど、2~3人だけでいいだろ。
ここがなければライヴパートが何曲追加できたことか……。
(でもそうするとメンバーが覚えるのが大変なんだよな……)

いや、批判はやめよう。褒めて伸ばそう今のAKB。

AKB48の今の若手は本当に面白いメンバーが揃っています。
8月のフレッシュコンサートが発表されて楽しみですね!
はーたんは早速リベンジのチャンスが与えられて最近の推され具合すごくて楽しすぎる……。

泣いている顔文字が可愛い。

 

 

 

<この項・了>

 

 

 

AKB48 THE AUDISHOW ~チームB~ セットリスト・感想

2021年6月12日(土) 17:30~
AKB48 THE AUDISHOW チームB

セットリスト(ライヴパートのみ)

M1. 風は吹いている (谷口めぐセンター)
M2. 摩天楼の距離
M3. キスまで100マイル (福岡聖菜・齋藤陽菜・奥原妃奈子・久保怜音)
M4. イイカゲンのススメ (吉川七瀬・大盛真歩・山邊歩夢・大家志津香)
M5. 隣人は傷つかない (谷口めぐ・中西智代梨佐々木優佳里岩立沙穂)
M6. 泣ける場所 (北澤早紀・大竹ひとみ・田北香世子)
M7. ラブ・ジャンプ
M8. ホワイトデーには… (大盛真歩センター)
M9. 少女たちよ

感想

自分としては超久しぶりのAKB48のコンサート。
IxRとさとコンとフェスを除くと、まさかの2019年12月全国ツアーのTDCホール以来。
席は第3バルコニーながら最前列の中央ブロックだったので見やすくて良かったです。

 

岩立チームBは今までの全公演見てきたくらいにはずっと好きなチームなのですが、この日のステージは「やっぱこのチーム凄いな」と改めて思わせてくれました。
これまで見てきたチームの中でも1,2を争うレベルです。
このチームのイベントは最初から面白くなることが約束されています。
それぐらいの信頼感があります。

2010~2011年は私がヲタク駆け出しの頃で、イベント全てが新鮮で、それだけに思い出に残っている曲もたくさんあります。
セットリストはゆきりんとさっほー考案のようですが非常に良いです。
特に今回のセットリストで一番グッと来たのは「ホワイトデーには…」。
たまに聴くたびに、自分に根付いたこの曲への思い入れの深さに驚かされますが、今回も「あーやられた」となりました。
しかもまほぴょんセンターというのがまた絶妙なチョイス。
まほぴょんが非常にダンスも表情も表現が上手で、心をグッと掴まされます。
椅子もちゃんと持ってきていたのが良かった。
この曲に関してはあまりにも感情が高ぶりすぎて現地で涙が零れました……。

1曲目の「風は吹いている」カッコ良かったですね。
チームBは魅力的なメンバーがたくさんいますが、他チームにようにこの人がセンターという絶対的なセンターはいません。
でもこの日めぐがセンターの楽曲でのバランスの良さを見て、めぐセンターが最適解だと感じました。
めぐはチームBの中で随一のダンスの上手さと表情の切れ味があります。
チーム全体のパフォーマンス力を引き上げている存在で、センターに置くことでチームが締まります。
センターで見る機会もあまりないですが、センター適正も高く感じました。

 

順番が逆行しますが、オーディションブロック。
チーム4の回を家で見ていて「うーん」という感じでしたが、(チームBが良いからなのかもしれませんが)現場で見るとかなり楽しい。

KKBオーディションという歌上手いメンバーを決めるオーディションでさっきーを選び、歌のエースとして扱っているのはチームBの人材の活かし方の上手さが現れています

EKBオーディションはゆかるんが獲りました。
舞台を経験しての演技力に驚かされました。

ゆきりんがいなかった代役にはかよよん
かよよんはB公演で朱里卒業後のポジションもそつなくこなしていて器用ですよね。
でもゆきりんの歌も聴きたかったなあとは思いました。

KKBオーディションの時は、メンバーが歌っている間に周りで他のメンバーが盛り上げていたのですが、かよよんが「タッチ」歌っている時に、怜音とまほぴょんとさっほーが曲に合わせてハイタッチしていたのが癒やされました。
このように終始チームの雰囲気の良さが出ていました。

 

チームBはやはり大好きなチームです。
次はぜひとも劇場公演で……ずっと言っているけど本当に当選が来ない……。

f:id:airjack7:20210613214833j:plain

 

 

 

<この項・了>

 

庶民派メンバーの魅力【篠崎彩奈・村山彩希・多田京加】

アイドル、そしてAKB48

皆さんはメンバーにどんなイメージを持っているでしょうか?

アイドルの語源はラテン語の「偶像崇拝」から来ていると言われています。
華々しいステージに立ち、我々を魅了してくれる彼女たち。
生活も華やかで我々とは全く別世界を生きているように思えます。

しかしながら、彼女たちも人間で同じ世の中に存在しています。
AKB48は特に「リアルさ」が売りの一つです。
映画「Documentary of AKB48」では舞台の壮絶な裏側を公開していました。
また、古くは「AKB600sec.」だったり、最近ではSHOWROOMでメンバーの日常の一部を見ることができます。

AKB48にはたくさんのメンバーがいます。
華々しい生活を送るメンバーだけでなく、親しみやすい「庶民派」なメンバーもいます。
今日はそういった庶民派メンバーを紹介していきたいと思います。

 

篠崎彩奈

f:id:airjack7:20210605222911j:plain

私の中で庶民派の先駆者(パイオニア)はあやなんです。
あやなんは常にお金の話をしているイメージ笑
ついこの前のさっきーのTwitterでも


七夕の願い事もお金の話。


海外の物価にも詳しい。

 
よく奢らせようとしていて、収入の高い(?)後輩にも奢らせようと企みます。


マジムリの舞台を見に行って差し入れを泥棒(?) ←許可は取っているらしい


何でも経費で落とそうとするのは有名な話。
料理配信SRの材料を経費で落とそうとするの笑う笑 発想がすごい笑
他のチームの差し入れを持って帰る話もあったりこのYouTubeは見どころが多いです。

www.youtube.com

 

村山彩希

f:id:airjack7:20210605222127j:plain

今や劇場(シアター)の女神としてすっかりお馴染みのゆいりーさん。
ゆいりーさんもなかなかの庶民派です。

涼花となーにゃが韓国旅行に行った時に「ゆいりーさんも来てください」と言われた時のリプライ。


街中のティッシュ配りのティッシュももらいます。

f:id:airjack7:20210605205836j:plain

身につけるアクセサリーも庶民的な価格。

f:id:airjack7:20210605205848j:plain


ゆうなぁコン直前のグッズ紹介SRではグッズを高い高いと連呼笑
そんなの言ったらダメでしょ笑

www.youtube.com

その他モバメやSRのエピソードだと
増税直前にコートを2着購入
映画の日やレディースデイに映画を見に行く
・ケータイで通信容量使い切っても絶対に課金しない
・イオンでフラフープを購入

 

多田京加

f:id:airjack7:20210605222707j:plain

近年現れた庶民派界のスーパーエース・多田パイセン。
もはや庶民派通り越して庶民そのものです。
アイドルになって何年も経つのに、未だにここまで一般人目線を持ち続けることができるのは凄いです。

幸せなことが庶民的すぎます。

f:id:airjack7:20210605215302j:plain


シャワーの話は公演でも言っていました。


こういう一般人のあるあるみたいな投稿が多い笑


野菜の価格も把握している。

f:id:airjack7:20210605215910j:plain


割引キャンペーン期間にならなかったことをスクショして報告してくるアイドル他にいません。

f:id:airjack7:20210605220216j:plain


食いつく話題も庶民派。

f:id:airjack7:20210605220411j:plain

 

 

以上、庶民派メンバーの庶民派部分を紹介してきました。
庶民派メンバーの魅力は我々と感覚が近い部分があることで、握手会等での話しやすさに繋がると思います。
実際に上記3人の握手会に行ったことありますが非常に話しやすくて良かったです。

ちなみに庶民派のメンバーの対極はれなっち(常にタクシー移動)

<この項・了>

#今こそAKB ファン目線から見たAKB48ここ10年の潮流(前編)

先日の峯岸みなみさん卒業コンサートAKB48単独コンサートは、過去の良さを思い出しつつも、ここを新たなスタート地点として未来に力強く進むAKB48が見られて非常に素晴らしいコンサートでした。

そして2021年5月25日、私にとって最も思い入れのあるシングル「Everyday、カチューシャ」の発売から10年が経ちました。

私も気づいたら10年以上AKB48ファンをしていて、全てを見ているわけではありませんが途切れることなく活動を追ってきたつもりです。

AKB48は昔は良かったと言われがちですが、本当にそうだったのか、1人のファンの目線で、私がイベントに参加してきて感じた空気感からAKB48の10年の潮流を振り返っていきたいと思います。
48グループ全体について書き出すときりがないため狭義のAKB48を取り上げます。

2011年

・シングル:「桜の木になろう」、「Everyday、カチューシャ」、「フライングゲット」、「風は吹いている」、「上からマリコ

・加入:12期、13期

前年に出したシングル「Beginner」が初のミリオンヒット。
翌2011年は総選挙で1位の前田敦子が前年より10万票以上も投票数を増やすなど、AKB48が真に大ブレイクしたのはこの年なのではないでしょうか。

Everyday、カチューシャ」の頃には全握券も争奪戦で、初回限定版が予約開始したその日の夕方にはネットや店頭どこも完売していた記憶があります。
劇場盤も大島優子を始めとする人気メンバーは1次抽選でも3枚全当は難しく、2次では選抜当落線くらいのメンバーでも完売が出るくらいAKB48が社会現象でした。
(個別の日程は3日程しかなくて今より少なかったですが)

2011年から始まったイベントと言えばリバイバル
この年のリバイバルはまだ面白さがバレていなくてチケット結構取れました。
1人で複数入った人も多かったと思います。
リバイバル公演の出来がすさまじく良く、このイベントによってAKB48にどっぷりハマってしまった人も多かったのではないでしょうか。

その後に開催された西武ドームコンサート。
1日目があまりにも内容が悪く、秋元康が終演後に批判したのは有名な話です。
また、このコンサートはあまりにも過酷な状況で行われていて、1年後に映画「Documentary of AKB」に取り上げられました。

この頃はユニットが全盛期で、no3bを始め、Not yetフレンチキス、DiVAが活動していました。

初代チーム4結成もこの年です。
この頃はオンデマ生配信がなかったので公演をリアルタイムで追うには劇場に行ってロビー観覧をするしかありませんでした。
特に毎日のように研究生がアンダーで出ていたのでロビ観に行けば研究生推しの人が誰かは必ずいる状況でした。
そういった研究生クラスタに人気だった若手(9-12期)で作ったチーム4は大いに注目を集めました。

フライングゲット」で自身初のレコード大賞を受賞。
また、この年は震災があった年でもありますが、AKB48は被災地訪問などの支援活動をいち早く開始し、今も続けています。

 

2012年

・シングル:「GIVE ME FIVE!」、「真夏のSounds good!」、「ギンガムチェック」、「UZA」、「永遠プレッシャー

・加入:14期

・主な卒業:前田敦子

リクエストアワーは「ヘビーローテーション」が2連覇。
リクアワはこの年までは今と違って一般人(?)もみんな投票していたためシングルがまだ強い時代。

2012年は13期が加入。
13期生が中心となった13期RESET公演は多くの研究生クラスタを生むインパクトのある公演でした。

AKB48の到達点として語られることも多いこの年は初の東京ドームコンサート開催。
AKB48のストーリーで最も達成感を得られたのはこの東京ドームの地に立った時ではないでしょうか。
今振り返っても、この瞬間を体感できたのは自分の中でも大きな出来事です。
東京ドームなのにチケットを手に入れることすら超大変でした。
朝日新聞に電話してチケットを入手するなどこの頃は情報戦が今以上に激しかったです。
1日目で組閣があり、発表されたチーム4の解散。
チームの解散はこれが唯一であまりにも残酷な決断。
その翌日2日目のチーム4のステージは印象的で忘れることができません。
3日目の前田敦子卒業コンサートは美しく、「夢の河」は最初の卒業ソングにして最高傑作。

他のグループとAKB48の兼任が始まったのもこの年が最初で、珠理奈とみるきーの兼任がさいたまスーパーアリーナのコンサートで発表されました。

11月には篠田チームA、大島チームK、梅田チームBの新体制に。
第3期であるこのチームは、秋元康が新公演を書く気力がもうないため、メンバーがセットリストを考えるウェイティング公演になりました。
主にデカいコンサートに目が行っていたこの時期のAKB48らしいやり方です。
結果的にこれは失敗に終わったと思います。
翌年結成された手つな公演をやった峯岸チーム4と、途中でウェイティングを捨てただいま恋愛中公演をやったチームAの公演の良さが際立ちました。

また、この年で有吉AKBと週刊AKBが終了……。

 

2013年

・シングル:「So long!」、「さよならクロール」、「恋するフォーチュンクッキー」、「ハート・エレキ」、「鈴懸(略」

・加入:15期、ドラフト1期

・主な卒業:篠田麻里子板野友美秋元才加河西智美仁藤萌乃

リクアワで前年に解散させられたチーム4の「走れペンギン」が1位を獲得。
これまでリクアワはシングルが強かったのもあって大きな感動を呼んだと同時に、時代の変化の訪れを感じました。

研究生だけ武道館でコンサートを実施。
この時の研究生は評価が高く、8月の東京ドームコンサートで峯岸チーム4の結成が発表されました。

今では当たり前ですが、この年からオンデマ生配信がスタートしました。
ロビ観に行かずとも公演を追うことができ、リアルタイムでTLが賑わうようになりました。

さよならクロール」は32人選抜で過去最多のセンター4人。
初週売上176万枚で日本の歴代最多記録を更新し、累計195万枚はAKB48が2021年現在未だに超えられていないAKB48最高売上のシングルです。

夏には5大ドームツアーを実施。
東京ドームに至っては4日間も開催していました。

ドームツアーの後に48グループ全チームの新公演の日程を読売新聞の全面広告にて発表。
ただ皆さんもご存知のように2021年現在でも未だにチームNとチームA以外は新公演はできていません。
さすがにこの未来は予想できませんでした。
新聞広告出してまで全くやらないというのはどういう考えでの行動なのでしょうか。
この辺りからAKB48は迷走し始めたと思います。

総選挙は指原が初の1位。
予想通りの展開にならないAKB48らしさとAKB48が王道から外れていき始めたように感じた結果でした。

ここまで誇大化し続けてきたAKB48ですが、この年が最も大きくなった年だと思います。

 

2014年

・シングル:「前しか向かねえ」、「ラブラドール・レトリバー」、「心のプラカード」、「希望的リフレイン

・加入:チーム8

・主な卒業:大島優子

リクアワは前年からの流れが続き「清純フィロソフィー」が1位を獲得。

AKB48史上最も大きな箱・国立競技場でライブを開催。
AKB48単独という名前だったのに姉妹G兼任メンバーが目立ってたり、TVとのコラボがあったり、花道を走るだけの曲が多かったり、当時のAKB48の大箱コンサートでよくある不満が形になったようなコンサートで印象は良くありません。

この年は組閣して高橋チームA、横山チームK、倉持チームB、峯岸チーム4の構成に。
チームの公演は昔の公演のリバイバルになりました。
たかみなをまたキャプテンに戻すなど迷走し始めていて、実際に1つ前のチームに比べて魅力は弱くなってきていたように感じます。
ただ倉持チームBだけはなかなか良くて今の岩立チームBのような平和な空気感が好きでした。

東京ドームコンサートはこの年が最後で3日間の開催に減りました。

夏にAKB48夏祭りを実施。
自由度の高いイベントで、メンバーの水着があったり今だと信じられないイベント。

総選挙では渡辺麻友が初の1位。
前年からまた違った展開を見せるAKB48の勢いがまだ残っています。

今までと大きく変わったシングルが「希望的リフレイン」。
曲自体は言い訳や大声のようなド直球の良い曲で逆に久しぶりの路線。
秋シングルなのに32人選抜で、宮脇咲良センターだったり、初選抜の若手を多く採用。
今でも活躍する十夢とみーおんはこの曲が初選抜です。
希望的リフレイン」は自分としてかなり思い入れが深く、新時代の到来を感じたシングルでした。

この曲の劇場盤でついに個別握手会からサイン会に変わり、個別が6日も開催されることになりました。
心のプラカード」(個別4日程)が106万枚とミリオンギリギリだったため、このままだとミリオン割れるのが間違いなかったための策だと思いますが、一つの転換点になりました。

じゃんけんシングルは前年の鈴懸がミリオンギリギリだったためもうグループとしてはリリースできず、この年からソロシングルになりました。

2011年以来ずっと停止していた各チームでの全国ツアーが再開。
47都道府県を回りきりました。
チームの全国ツアーはいつだって面白いし、チケットも売れている印象ですので、もっとやって欲しいといつも思います。

相次ぐ神7メンバーの卒業によりグループ全体の人気の低下がはっきりと感じられた1年でした。
また、ペナントや心のプラカード選手権などやるといったイベントを放置することが多く、そういった点はファンの信頼を失うことに繋がったと感じます。

 

2015年

・シングル:「Green Flash」、「僕たちは戦わない」、「ハロウィン・ナイト」、「唇にBe My Baby

・加入:ドラフト2期

・主な卒業:川栄李奈倉持明日香

Green Flashもミリオンがやばいため、ついに個別が7日程に。

この年はヤングツアーという素晴らしいコンサートがあったのですが、何故か埼玉、長崎、鹿児島、岡山、茨城をやって前触れもなくいきなり終了……。
ヤングツアー実質初日の長崎は席をかなり潰していてAKB久しぶりの挫折として報道されていましたが、内容は本当に良く、徐々に集客が伸びていく可能性が高いと思っていただけに残念です。

東京ドームでのコンサートは無くなりましたが何故か運動会を東京ドームで実施。(しかも何故か無料)

総選挙は再び指原が1位。
一般的な人気は落ちてきたが資金力のあるファンは増えていて歴代最多の19万4049票。
それは良いのですが、その選抜のシングルが「ハロウィン・ナイト」というメンバーに仮想させるシングルで、曲のクオリティも低くあまりにもひどい。

川栄の卒業コンサートさいたまスーパーアリーナで行われました。
川栄は選抜当落線ぐらいのメンバーでしたが、さいたまスーパーアリーナで卒コンができたのはこの年がギリギリでした。

この年は再び組閣があり、各チーム千秋楽を迎えました。
その後、新チームの公演はすぐに始まらず、著名人公演が計4公演始まりました。
今でこそ、あおきーだったりミネルヴァだったり著名人公演でもクオリティが高いものも多いですが、この時の著名人はAKBにそこまで関係性が深くないため自ずとクオリティも低く絶望感がすごかったです……。
AKB48の幹はやはり劇場公演なんですよね。
劇場公演が毎日面白くない公演をやっていたら終わりです。気が狂います。
ここで離れたファンの人も多かったのではないかと予想されます。

唇にBe My Baby」は素晴らしい曲ですが、「365日の紙飛行機」をカップリングにしてしまった失態。
365日の紙飛行機」は朝ドラに使用され、大変評判も良く、一般層に再びAKB48を広めるまたとないチャンスでした。
AKB48の最重要メンバーであるたかみなの卒業ソングにこだわりすぎて、視野が狭くなりすぎて未来を犠牲にしています。
また、「唇にBe My Baby」は過去最大級にミリオン割れの危機で、直前まで何回も再販やっていたのが記憶に残っています。

運営の迷走をはっきりと感じたのがこの2015年でした。

<続く>

IDOL CONTENT EXPO AKB48 ドラフト3期生 (21.5.3) セットリスト・感想

『 IDOL CONTENT EXPO @ 品川インターシティホール supported byダイキサウンド ~もう出来ないのか幕張!?過去最大級SP!!!~ 』【DAY3】
AKB48 ドラフト3期生

出演

大竹ひとみ・岡田梨奈・小林蘭・齋藤陽菜・多田京加・永野恵・古川夏凪・本田そら・吉橋柚花

セットリスト

M00 overture
M01 初日 (本田そら・大竹ひとみ)
M02 LOVE TRIP (岡田梨奈)
M03 #好きなんだ (本田そら)

—— 自己紹介MC ——

M04 君のことが好きだから (吉橋柚花)
M05 呼び捨てファンタジー (大竹ひとみ)
M06 遠距離ポスター (齋藤陽菜)

—— MC ——

M07 サステナブル (多田京加)

*()内はセンター

感想

「鉄は熱いうちに打て」ということでライヴレポートもすぐ書いたほうが良い記事が書けると思うのですがいつもなかなか重い腰が上がりません。
ですが今回はモチベーション高く即日レポート。

 

 

IDOL CONTENT EXPOのドラフト3期生のステージを見てきました!
最近ドラフト3期関連の記事を量産していることからも分かるように(「ドラフト3期」のカテゴリ作りました)、すっかりドラ3沼にハマっている私にとって事前の期待値は高く、かなり楽しみにしていたイベントでした。
ドラ3しか見えていなくてIxRに行くの忘れたくらいに……。

そして、これがもう本当に最高のステージでした!!
ドラ3メンバーも言っていましたが最高すぎて「最高」という言葉しか出てきません……。

はーたんが前日のメールで、「期待して欲しいし、期待値を超えたい」と書いていましたが、まさしくその通りの現実になりました。
また、ドラ3みんなでの配信の時に「ドラ3って凄いなと思わせるステージに」と発言していましたが、それもその通りで有言実行で感動しました。

 

 

まずセットリストが抜群に良い!!
僕はパジャドラの頃のドラ3を知らないためエモさの理解は半分くらいですが、単純に全編爆上がりで楽しすぎました!
フェスとしては最適なセトリだったと思います。

f:id:airjack7:20210504203712j:plain

「初日」の円陣から始まってドラ3だけでステージに立っている光景に涙し、
「#好きなんだ」は卒業が決まっているそらちゃんの歌の切なさ乱れ打ちにやられ、
君のことが好きだから」→「呼び捨てファンタジー」→「遠距離ポスター」の同系統の爆上げソングで沸きすぎてこの時の記憶はございません。

君好きの柚花が可愛すぎて完全にゆず恋です(?) この日の髪型めちゃくちゃ好き。
遠ポスのはーたんがまた可愛くて、可愛すぎて涙が出てくるレベル。

「LOVE TRIP」のエピソードが好きで、この曲ドラ3が最初に練習した曲なんですね。
当時はレッスンを受けたけど出来なすぎて披露されることがなかったのに、今回は自分たちで振り起こししたのにこんなにも素晴らしい出来で成長を実感したというのは非常に感動があります。

最後が「サステナブル」 なのが自分としては一番やられました。
うわ、これ持ってくるかーってなりました。
ご存知ドラ3のエースだった矢作萌夏ちゃんがセンターのシングル曲。
それを今のドラ3が受け継いでこのステージでパフォーマンスしたのは大きな意味を感じます。
個人的にはこの曲に全ツの思い出も強くあり、聴くたびに心を揺さぶられる1曲になりました。
この中で一番最初に昇格したきょんちゃんセンターなのがまた良いチョイスなんですよねえ……。

画像

 

 

この日はセトリが良かっただけじゃなくて、ドラ3メンバーの熱量がマジでものすごかった!!
みんながみんな100%以上のパフォーマンスが出ていたように感じるくらいに。
この熱意が我々観客にも伝搬してきていて、観客の盛り上がりも相当で、声が出せないのにこんなにも心躍る奇跡のステージを体感しました。

僕は今まで大島涼花さんと樋渡結依さんを推してきて、その時に13期とドラ2についても長い期間追ってきました。
そうすると100%を超える魅力が引き出された奇跡のステージに立ち会うことがあって、13期の場合は13期コンサート、ドラ2の場合はひーわたん卒業前の全握でのロドスがそれでした。
ドラ3のこの日のステージはまさに奇跡の時間で、僕がドラ3にハマったのはこのステージを見るためだったとすら思いますし、後追いながらドラ3を追ってきて良かったなと心から思わされました。
ただドラ3はまだまだ面白くなっていくのではないかという確信はあって、今後があまりにも楽しみすぎます。

画像

 1つだけ残念だったのは配信がなかったことで、こんなに最高のステージが映像でもう見返すことができないのが悲しいです。
それだけに自分の中に強く記憶に残していきたいと思います。
現時点で既に間違いなく今年のハイライトになるイベントだと感じています。

自己紹介MCではーたんが「円周率が大好きな齋藤陽菜です」と自己紹介していて、それに蘭ちゃんときょんちゃんが「3.14~」ってコールしていたのですが、この2人がその3桁までしか知らなくてバカがバレると思ってやめたエピソード好きです。

<この項・了>

久保怜音ちゃんの好きな食べ物が渋すぎる件!

こんにちは!

当ブログのアクセス数はすっかり伸び悩んでいますが、ブログのアクセス流入元で一番多いのはGoogle検索です。
なので大きいイベントの感想記事とかを書いたほうが良いのですが、今日は決して検索で辿り着かないであろうニッチな記事を書きます。

 

AKB48チームBに所属する久保怜音ちゃん(17)

画像

昔から可愛かったですが、幼さをどこか残しつつこんなにも可愛く成長していって「神様、ありがとう」といった感じです。
しかし!
前々から気になっていたことなのですが、この見た目の幼さに反して、怜音ちゃんの食べ物の好みがめちゃくちゃ渋い!!
今日は過去の発言からそれを読者の皆様に紹介していきたいと思います。

 

①サバさん

f:id:airjack7:20210430194720j:plain

【出典:初期の頃からあらゆるところで言っている】

例えば、ソロコンのこの記事

好きな魚としてサバを挙げ「目の保養にもなる。これからもずっと食べたい」

コメントがじわじわ来る笑
まず、好きな食べ物にサバを挙げるアイドルが前代未聞。
しかも何故かサバに対してさん付けして呼ぶためインパクトが大きく、僕らの心を掴んで離しません。

また、2020年3月8日にサバさんの日配信があったのですが、これが最高なのでぜひ見て欲しい。(映像倉庫にあります)
その一部を私のツイートで紹介。

 

②ホッケ

f:id:airjack7:20210430194515j:plain

【出典:2019年11月11日のB公演MCなど】

怜音ちゃんはホッケも好きとよく言っています。
怜音ちゃんはサバはサバさん呼びなのに何故かホッケは常に呼び捨てなのがじわじわ来ます笑
上記の公演MCでこのような発言をしています。

せぃちゃんの鋭い指摘により楽屋の風景が我々に共有されました。
この時のMCで、「毎日サバさんを食べていると破産するから最近はホッケも食べている」みたいな発言があったのを記憶しています。
「怜音ちゃんは庶民派で最高だな……」と一見なりがちですが、ちょっと待って下さい!
僕のやよい軒の値段の知識で語るとホッケの方が高いイメージなんですが……。
サバさんよりホッケが好きなのがバレないように咄嗟に適当な理由をでっち上げた説が……?

f:id:airjack7:20210430160025j:plain

サバさんよりホッケの方が好きな疑惑をよくかけられる怜音ちゃん。
ソロコンのインタビューでもどっちが好きか聞かれていました。

「サバとホッケが売ってたらホッケを買います」

ホッケ美味しいよね。僕も焼き魚の中ではトップレベルに好きです。
ただ居酒屋で頼むと骨が多いので取り分けるのが大変がち。(何のあるある?)

f:id:airjack7:20210430175208j:plain

 

③好きな寿司ネタ:エンガワ

f:id:airjack7:20210430194841j:plain

【出典:2021年2月14日のSHOWROOM

これも渋めの回答ですがエンガワは近年世間的に人気が上がってきているイメージがありますので許容範囲内。
ただこの年代はサーモンって答えがちなイメージではありますが。
僕も一番好きな寿司ネタです。(聞いていない)
この回答はまだまだ序の口です。

 

④チャンジャ

画像【出典:2021年1月7日のTwitter

何故か2日も前のゆきりんのツイートにリプしていくチャンジャ好きアピール。
29歳のゆきりんと味覚がバッチリ合う17歳。

 

⑤好きな焼き鳥:砂肝

f:id:airjack7:20210430200111j:plain

【出典:2021年3月21日のB公演のアフタートーク

この日はニコ生で配信されていたため、アフタートークがあったのですが、ここで出された怜音クイズがこちら。

Q. 私の好きな焼き鳥はどれでしょうか?
選択肢 ①鶏もも、②ぼんじり、③ねぎま、④砂肝
正解は④砂肝でした。

選択肢が全部渋いですが、その中でも一番渋い(?)のを好んでいるのがさすが。
この時何故か怜音ははーたんに同意を求めていましたが、はーたんは焼き鳥よく知らなくて名前でどんなのか想像できていなくて、コンビネーションが面白かったです。

ちなみにCanCamに好きな焼き鳥ランキングの記事があって、これを見ると砂肝は3位。
思ったより人気ありますが1位じゃなくて3位を選ぶのが怜音っぽいですね。

 

⑥好きなおにぎり:梅、昆布

f:id:airjack7:20210430200451j:plain

【出典:2020年7月28日のAKB48Mail】

この時のモバメは質問回答。
好きなおにぎりの具を聞かれて、「梅かこんぶ」という絵に描いたような渋い回答。
回答が常に派手さがなく質素。16歳とは思えない。

LINEのアンケート記事を発見しました。
10代で梅は4位、昆布は6位で思ったより人気ありました。

 

⑦好きなフルーツ:柿

f:id:airjack7:20210430200556j:plain

【出典:2020年6月20日SHOWROOM

アイドルで好きなフルーツと言えばイチゴですが、まさかの柿というチョイス。
なかなか好きなフルーツで柿と答える人いない気がします笑
常に期待を裏切らず玄人好みを選んできてすごい。
僕は実家に柿の木がありましたが、柿の良さは現在まで分かっていません。

マイボイスコムというサイトが1万人に聞いたランキングでは柿は残念ながらランクインしていません。

 

芋けんぴ

f:id:airjack7:20210430200916j:plain

【出典:2020年12月31日のAKB48Mail】

「大晦日だけは美味しいものたくさん食べる」というモバメで出てきたのが何故か芋けんぴ
そんな10代いないでしょ。
ちなみに関係ないですが元AKB48大島涼花さんはかつて「賛否 芋けんぴ」という秀逸なリリックを生んでいます。

 

⑨好きなスイーツ:豆大福

f:id:airjack7:20210430201038j:plain

【出典:2020年4月3日のSHOWROOM

好きなスイーツは?という質問コメントに豆大福という回答。
もはや親を通り越して祖父母世代の味覚。
スイーツって聞かれているのに和菓子回答する人あんまりいないと思います笑

 

⑩好きな団子:よもぎ

f:id:airjack7:20210430203050j:plain

【出典:2021年4月1日のSHOWROOM

はぁ~一切の期待を裏切らない渋さ。
よもぎって回答はなかなか出てこないと思います。
怜音ちゃんは全体的にお茶に合いそうなの好きがちですね。

⑪好きなおせち:田作

f:id:airjack7:20210430203231j:plain

【出典:2021年1月1日の755】

f:id:airjack7:20210430172755j:plain

好きなおせち聞かれて「田作」って答える人いる!?
相場は栗きんとんか伊達巻か数の子あたりでしょ。
僕は無知なので読み方すらよく分かりません。(威張るな)
少なくとも僕の家のおせちには入っていなかったと思います。
Yahoo!ニュースにあった好きなおせち料理ランキングでは当然ながらランクインしていません。


⑫ナスのおひたし、オクラ納豆

f:id:airjack7:20210430203357j:plain

【出典:2020年1月28日のAKB48Mail】

お昼ご飯がこの2品でテンション上がったというモバメ。
分かりやすい玄人好み。
僕がナスの良さを理解したのはつい最近です。味覚の成長スピードが違いすぎる。
ナスの情報としては下記サイトのナス調理法が超簡単でお酒に合うのでオススメです。

 

⑬ピーマンの肉詰め

f:id:airjack7:20210430203709j:plain

【出典:ソロコンのインタビュー映像】

ソロコンのインタビュー映像で、一番好きな食べ物として挙げたのがこれ。
一番がピーマンって10代だとなかなかいなさそう。
書いてて思いますが、こんなに色々な好きな食べ物の情報出してくれるメンバーもいない気がします笑

 

いかなごの釘煮

f:id:airjack7:20210430203824j:plain

【出典:2017年8月29日の755】

f:id:airjack7:20210430180308j:plain

ちょっと待って!そもそも何!?
僕が無知晒しているだけかもしれませんが、「いかなご」も「釘煮」もどっちも分からないから全くどんな料理かすら想像できません。
ただ名前だけで渋いことは伝わってきます。
しかもこの時の怜音は13歳だから驚きです。
初期から味覚の渋さを発揮していました。

今日のオンラインお話し会でいかなごの釘煮の話をしたのですが(よく知らないことをお話し会で話題にするな)、「ご飯のお供って感じ」という情報と、どうやらスーパーで売っているらしいと聞いたので今度探してみます。

 


以上、怜音ちゃんの食べ物の好みの渋さを紹介してきました。
まとめてみて分かりましたがこんなに情報量あったのかってびっくりしました笑

<この項・了>

はーたん こと 齋藤陽菜ちゃんの可愛さがとんでもない速度で進化している件 & SHOWROOMの魅力

AKB48チームBに所属するはーたん こと 齋藤陽菜ちゃん。
最新のツイートがこれです。

何という可愛さでしょうか……!
はーたんにはめちゃくちゃハマっていまして、SHOWROOMは毎回欠かさず見ています。
はーたんは見るたびに、え!?また可愛くなっている!?ということが凄く多いんですよね。
AKB48は成長を追っていけるのが面白さの1つですが、体感ではーたんほどの速度で可愛くなっているメンバーを僕は知りません。
特に2019年9月に昇格以降からの可愛さの成長が半端ない。
それを可視化できるように1ヶ月ごとにSHOWROOMのスクショタイムを並べてみました。
比較しやすいように、はーたんがよくするダブルピースをなるべくチョイスしました。

2019年9月(昇格発表の次の日)

f:id:airjack7:20210425140152j:plain

 

2019年10月

f:id:airjack7:20210425140158j:plain

 

2020年1月

f:id:airjack7:20210425140203j:plain

 

2020年2月

f:id:airjack7:20210425140207j:plain

 

2020年3月

f:id:airjack7:20210425140211j:plain

 

2020年4月

f:id:airjack7:20210425140104j:plain

 

2020年5月

f:id:airjack7:20210425140108j:plain

 

2020年6月

f:id:airjack7:20210425140112j:plain

 

2020年7月

f:id:airjack7:20210425140116j:plain

 

2020年8月

f:id:airjack7:20210425140120j:plain

 

2020年9月

f:id:airjack7:20210425140124j:plain

 

2020年10月

f:id:airjack7:20210425140128j:plain

 

2020年11月

f:id:airjack7:20210425140133j:plain

 

2020年12月

f:id:airjack7:20210425142903j:plain



 

2021年1月

f:id:airjack7:20210425140143j:plain

 

2021年2月

f:id:airjack7:20210425142413j:plain

 

2021年3月

f:id:airjack7:20210425141729j:plain

 

2021年4月

f:id:airjack7:20210425142203j:plain

 

わずか1年半でこんなに可愛くなる!?驚愕すぎます。
元々可愛かったですが、どんどん大人っぽくなって美人に成長しています。

それとは別に、お話も上手になりましたよねー。
はーたんSHOWROOM独自の魅力ははーたんのボケ・ツッコミだと思います。
はーたんは頭が良いので、こちらのコメント欄のボケに対して的確なツッコミをくれます。これがめちゃくちゃ楽しい。
はーたんも独自のセンスでボケてきてコメント欄でツッコむのまた楽しい。
過去のSHOWROOMで面白かった部分を切り抜いてツイートしたのをまとめておきます。

 

 

 

 

 

 

このミッフィーの件ははーたんのツイートに繋がって、結構伸びたらしくて嬉しかったです。

 

それと、はーたんは音楽の話をよくしてくれるのが楽しいです。
僕は音楽大好きなのですが、メンバーとは世代も違うし感性も違うため、音楽の趣味が合うメンバーは今までなかなかいませんでした。
はーたんは現在16歳なのに何故かJUDY AND MARYスピッツが好きなためバッチリ話が合います。めちゃくちゃ楽しいです。

 

 

はーたんはアイドルらしい可愛さと他のメンバーと全く違うアイドルらしからぬ面白さを持った魅力的なメンバーだと思います。
ちょっと大衆的ではなくターゲットがニッチな気もしますが、一度ハマるとドハマりする中毒性の高さがあります。
これからもはーたんの成長に期待しつつ一挙手一投足を見逃さないようにしていきたいです。画像

<この項・了>

 

 

airjack7.hateblo.jp

奇跡の因果・恐竜MC ~21.4.17「僕の夏が始まる」公演~ 感想・レポート

2021年4月17日(土) 開演:13:30~
「僕の夏が始まる」公演

出演メンバー

鈴木くるみ・大盛真歩・北澤早紀・齋藤陽菜・田北香世子・多田京加・村山彩希・山内瑞葵

感想

※いつも以上に自己満の記事になっています

こんにちは!
2021年初の劇場公演に行ってきました!
3月終盤に待望のB公演のキャン待ちが来て確か12番だったのですが、全くキャンセルが伸びなくて入れず。
怜音ちゃんとはーたんが出演するB公演への強い憧れもあるのですが、もう応募を我慢するのも限界(早)で、メンバーがめちゃくちゃ良かったので誘惑に勝てず僕夏公演に応募したらあっさり当選。
今の僕夏公演はかなり当たりやすいみたいですね。

僕夏公演のイメージ

僕は僕夏公演のイメージがあまり良くなくて、初日見て自分の好きなセトリではないな……と感じてその後はほぼ見ていませんでした。(はーたんの生誕とかは見ていましたが)
しかも予習しようとエケペディア見たら、8人公演で何故か曲が削減されている!?
さらにその削減された曲がメロスとか水夫とか比較的見たい曲ばっかだったので何なんだこの公演……となって公演入る前の期待値は低かったです。
今思い返すとアンナ公演に入る時にキスまでカウントダウンが削られていたことを知った時のデジャヴですね……。

当日の朝

ただやっぱり久しぶり(5ヶ月ぶり)の劇場公演はわくわくしていて、当日は意図せず5時半に起床しました。(小学生の遠足かよ)
ポジションを把握しようとそのままオンデマの予習を始めたのですが、分かったのはゆいり・さっきー・はーたんが出ていると2パターンあって特定できない!
誰かの役に立つかもしれないので調べたやつを貼っておきます。

f:id:airjack7:20210418210653j:plain

そんなことをツイートしていたら旧友(?)からリプが来てやり取りしていたら、今日が「恐竜の日」であるという情報を入手!!(何故?)

僕は福井が恐竜で有名なことを知っていました。(某福井に住んでいたフォロワーの影響)
たまたまきょんちゃんが朝にツイートしていたので早速この情報をリプライ。(当然関係ない話題のツイート)

この時はワンチャンMCでちょっと触れてくれないかなぐらいの期待で、ほとんど何も考えずリプライしました。

劇場公演抽選 

最近の悪い流れを払拭できず、劇場公演抽選での運にも見放されて何と準優勝。
立ちセンブロ4列目の中央でした。
何よりも拘っていたセンブロではありましたが、周辺の人の背も高めで久々にこんなに悪い環境でした……。
ただ立ちセンブロのカメラが撤去され(前回入った時にメンバーの目線を全てそれに奪われた苦い思い出)、大好きな立ち最ドセンが復活したのは嬉しいことですね。
あとは照明が進化していて劇場の輝きが増していたのが良いと思いました。

恐竜MC

はーたん可愛いなあとか思いながら隙間から呑気に見ていたのですが、中盤MCで事件が!!

f:id:airjack7:20210418212711j:plain

きょんちゃん「今日が何と恐竜の日らしいんですよ~」
劇場にいた僕「(え!?)」
きょんちゃん「ファンの方に教えていただいたんですけど、だから恐竜トークをしていきたいと思いまーす!」
「(そのファンの方ここにいまーす!)」(思わず反射的に挙手)
ゆいりー「はいはいはい!」
まほぴょん「ゆいりさんがついていってないんですけど大丈夫ですか?」
きょんちゃん「ゆいりさん恐竜知らないんですか?」
ゆいりー「バカヤロウ!」
ゆいりー「ファンの方の中で今日が恐竜の日って有名なの?」
「(ファンの方=僕(airjack7)+もう1人(achan373)の中でだけね)」
きょんちゃん「いや何か朝ツイートしたらリプで『今日は恐竜の日らしいよ~』っていうのを教えてくださって」
「(マジで僕のツイート発祥じゃん……)」

自分のツイートからまさかのトークテーマが爆誕!!

やばすぎる!そんなことある!?
めちゃくちゃ嬉しかったですが、この時は起こっていることが信じられなすぎて、ひたすら混乱していました。
おかげで後半曲とか全く集中できませんでした笑

恐竜がトークテーマとかそもそも攻めすぎでしょ笑
ただ偶然は重なり推しである(?)はーたんの今日のレッスン着が恐竜だったという話。

きょんちゃん「はーたんの今日のレッスン着が恐竜柄だったんですよ」
はーたん「恐竜のTシャツを着てリハしていて。でも私知らなかったんですよ、今日が恐竜の日ってこと」

f:id:airjack7:20210418215212p:plain

可愛すぎない??
SHOWROOMでも着ていた記憶がありますが、この日に偶然着てくるところがもっている。

ゆいりー「福井が恐竜なのは、福井で恐竜が見つかったとかそういう話?」
きょんちゃん「そう、恐竜の化石が福井で見つかっているんですよ」
ゆいりー「博物館ってこと?」
きょんちゃん博物館もあります!くるるんさん思い出とかありますか?
くるるん博物館の?
ゆいりー「無茶振りじゃない?笑」

博物館の思い出とか大体の人は何も無いでしょ!笑
この時点で笑いすぎてやばかったです。

きょんちゃん「じゃあ好きな恐竜とか」
くるるん「(きょんちゃんに耳打ち)」
きょんちゃん「今聞きました!?ティラミス……」
メンバー「(大騒ぎ)惜しい笑」

このMC笑いの奇跡が起きすぎでしょ笑

まほぴょん「(博物館)超思い出深いです」
くるるん「何で!?」
まほぴょん「めっちゃ楽しくて、化石が地層から見つかったとかワクワクしません?」
きょんちゃん「それ!」

まさかのメンバーからの共感笑
きょんちゃん以外にも味方がいることで面白くなっている。

きょんちゃんゆいりちゃん知っている恐竜3つ言ってください
ゆいりー「3つ!?」
ゆいりートリケラトプス、えーやばいな……」
きょんちゃん言えないと次の曲行けないので
きょんちゃん「空飛ぶやつ。○○○○ドン」
ゆいりー「美味しいうどんの味?」

さっきのくるるんといい、このゆいりーといい、きょんちゃんのMC回しが完璧すぎます笑
このMCはその場にいた5人全員が活躍してものすごい面白いMCになっているのが素晴らしくて、それを生み出したきょんちゃんのMCの能力の高さに驚愕させられました。
昔はMC能力高いメンバーと言えば高橋朱里ちゃんがいましたが、今のAKBでこんなにMC能力高い人はほとんどいないのではないでしょうか。
そして、この素晴らしいMCを生み出すきっかけになれたのがこの上なく嬉しいです。最高。最高裁判所

公演の感想(やっと)

MC抜きにしても思っていたよりは楽しかったかなという印象です。
8人公演バージョンの方が従来より流れは良いと思います。
「ボーイフレンドの作り方」は見ていて楽しい。
公演のピークは「キンモクセイ」→「ポニテールとシュシュ」の部分。
ポニシュはペンライト指導曲(?)なこともあってめっちゃ楽しいです。
ただまあやっぱり全体として短すぎますね。
誇りの丘公演を思い出しました。
チーム公演は通常通りやっている中、曲を削る必然性もよく分からないのでボリュームは戻して欲しいと思います。(公演のアンケートに書きたかったが出し忘れた)

メンバーについて

はーたん
気になり始めてからやっと初めてリアルで見ることができました。
ひーわたんの最後の生誕祭や卒業公演で見ているはずですが、その時は本当に名前くらいしか知らなかったので……。
あの時は公演でゆいり差し置いてはーたんばっか追う未来は想像もできませんでした。
いつものSHOWROOMと違って公式なはーたん(?)で、微笑みが優しくてまさに劇場に舞い降りた天使。

まほぴょん
前にも感じたことがあった気がしますが、まほぴょんは劇場公演での魅力が凄い!
油断していると心を持っていかれそうです。
言葉で上手く説明できないのですが、とにかくキラキラしています。
独特の空気感のMCがめっちゃ好きです。

きょんちゃん
前述しましたが、MCの切り返しがすごい。
失礼ながらパフォーマンスもイメージより良くて、歌もダンスもかなり高水準と感じました。

ゆいりー
この日の公演メンバーの中だとパフォーマンスはさっきーと双璧。
この2人はレベルが抜きん出ていますね。
大きく動く曲はゆいりが得意で、さっきーは繊細な曲での表現が上手です。
ゆいりーはお見送りの時に声をかけてくれて、こんな立ちセンブロ4列目でも見つけてくれるゆいりーはやはり大好きで長年(もう10年近く?)築いてきた信頼が厚いです。

総括

想定外の事態によって思い出に残る公演になりました。
今も余韻に浸っているくらいにめちゃくちゃ楽しかったです。
やはり劇場公演は最高ですね……!
夜公演はオンデマで見ましたがこっちもMCめちゃくちゃ面白い!
恐竜MCに限らずこの日のMCは最高で、すごく良いメンバー構成だったんだなあと実感しました。
また早く劇場公演に入れますように。(特にB公演)

f:id:airjack7:20210419213624j:plain

<この項・了>

チーム8 舞台「マジムリ学園蕾-RAI-」感想

チーム8のマジムリ学園の舞台を見に行ってきました!
このブログでもチーム8に言及することがほとんどないことから分かるように、私は長らくチーム8への興味は強く持てていませんでしたが、いつだったかふと見た「バッチこーい!」がめちゃくちゃ面白くて、まず関東メンバーにハマりました。
その後、チーム8がAKB4兼任したのが大きくて、B公演のひなこの活躍などでチーム8への興味がだんだん強くなり、ついには昨年の横アリ公演応募まで至りました。
横アリはご存知の通り中止になってしまい、これまでも身近で開催されたチーム8のコンサートは日程がどうしても合わなかったり、縁を感じませんでしたが、今回舞台にてやっと初めてのチーム8現場になりました。

f:id:airjack7:20210404114245j:plain

感想

元々マジムリ学園自体が好きなのもあってめちゃくちゃ面白かったです!

一番印象に残っているのはおだえり
視線、セリフ、立ち回り、全てがハイレベルで1人だけレベル違うように感じました。
完全にはまり役でしたね。f:id:airjack7:20210404114824j:plain

他に印象に残っているのは麻璃亜。
おだえりもそうですが、この2人は舞台の経験が豊富で、実際見ると演技力が一段上のレベルに感じました。f:id:airjack7:20210404115031j:plain

彩音ちゃんは埼玉県なので私のチーム8の1推し。
全然情報を仕入れてなかったため、昔の雰囲気に戻っていて驚きました。
あ、マジムリの彩音ちゃんだ!ってなって嬉しかったです。
ドラマの頃から何年か経っていますが未だに幼さを完全に維持していてすごい。
あと、七瀬となぎちゃんと彩音ちゃんのトリオが平和で癒やされました。f:id:airjack7:20210404115636j:plain

ひゆかちゃんが最高でした。
めちゃくちゃ真っ直ぐな演技で心が洗われます。
心の奥底に訴えかけるものがあって素晴らしい演技でした。
逸材です。f:id:airjack7:20210404120030j:plain

服部は初めて見てヴィジュアルレベルの高さに驚きました。
チーム8でも1,2を争うレベルだと思います。f:id:airjack7:20210404120440j:plain

ゆうかりんめちゃくちゃ可愛いです。
雰囲気がなーにゃみたいだと思いました。
チーム8じゃなくてAKB4にいたらハマっていそう。f:id:airjack7:20210404120621j:plain

舞台見てもコンサート見ても思いましたが、チーム8初期メンバーは誰も彼も全員パフォーマンス良くて素晴らしいかったです。
初期メンバーとそれ以外のメンバーでだいぶ差があるように感じました。
くぐってきた修羅場の違いなのでしょうか。

チーム8はコンサートもぜひ行きたいと思うのですが、神奈川公演は単独コンと同タイミングになってしまったため、8だけ当たっても困るので応募自体断念という悲しい結末に……。
でもまた機会が訪れれば是非見に行きたいです。
マジムリ学園もやっぱり魅力的なコンテンツだなと再認識しました。
久しぶりにドラマも見返したい。f:id:airjack7:20210404121620j:plain

<この項・了>

個性的な楽しい集団 第2回ドラフト3期コラボ配信 #ドラ3しか勝たん

1月9日から2周目のドラ3コラボ配信が始まり(総当たりではない)、2月7日に無事に幕を閉じました。

f:id:airjack7:20210210231404j:plain

緊急事態宣言発動の中でこの在宅コンテンツが帰ってきたのはめちゃくちゃ嬉しかったです。
特に自分は1月から新しい会社で働いていく中で精神的な拠り所になるくらい毎日の配信に元気を貰って、ドラ3には非常に感謝しています。

今回の新ルールとして、前日のペアが配信でトークテーマを決めるというのが追加されました。
これにより他者が決めたからこそ貴重なエピソードが出てきたり、また上手くいけば自分の提案したトークテーマが採用されるなど新鮮で楽しかったです。
実際、僕ははーたんと柚花の時にどうしてもギターの話が聞きたくて、前日配信で提案して採用されたのはかなり嬉しかったです。

今回の配信一覧

1月09日(土) 大盛真歩 × 多田京加  コラボ配信のルール決定など
1月10日(日) 岡田梨奈 × 齋藤陽菜  2人で行く理想のデートプラン
1月11日(月) 本田そら × 蔵本美結  正規メンバーへの昇格 ※一人称「おら」「あたい」縛り
1月12日(火) 古川夏凪 × 永野恵   ラストJKでやりたいこと
1月13日(水) 小林蘭 × 大竹ひとみ  ファッション、ドボン
1月14日(木) 石綿星南 × 吉橋柚花  大晦日公演の裏話、2021年の目標
1月15日(金) 本田そら × 多田京加  上京して感じたこと
1月16日(土) 岡田梨奈 × 蔵本美結  埼玉の良いところを20個挙げる
1月17日(日) 大竹ひとみ × 大盛真歩 今後の野望
1月18日(月) 永野恵 × 吉橋柚花   2人で出かけたい場所、アイドル活動で大切にしていること、理想のコンサート
1月19日(火) 小林蘭 × 齋藤陽菜   2人の共通点、お互いの好きなところ
1月20日(水) 古川夏凪 × 石綿星南  AKBの好きな曲、2人でやりたい曲
1月21日(木) 岡田梨奈 × 多田京加  ドラフト会議の裏話、3年前と今で変わったところ
1月22日(金) 大盛真歩 × 齋藤陽菜  ドラフト会議の裏話、3年前と今で変わったところ
1月23日(土) 小林蘭 × 吉橋柚花   方言入換、お互いの第一印象、おうち時間の過ごし方
1月24日(日) 本田そら × 大竹ひとみ ドラ3の良いところ
1月25日(月) 古川夏凪 × 蔵本美結  2人でやりたいユニット曲、着たい衣装
1月26日(火) 永野恵 × 石綿星南   めぐみん・せなたん・なづな・くららでアニメを作るなら、神奈川県の魅力
1月27日(水) 多田京加 × 吉橋柚花  おうちリクアワの裏話
1月28日(木) 古川夏凪 × 大盛真歩  おうちリクアワの裏話、普段2人でどんな話をしているか
1月29日(金) 本田そら × 小林蘭   方言入換、仲良くなったきっかけ
1月30日(土) 岡田梨奈 × 石綿星南  埼玉vs神奈川、2人が入れ替わったら、おかりなの可愛いところとせなたんのカッコ良いところ
1月31日(日) 齋藤陽菜 × 蔵本美結  みんなが知らない意外な○○について、肉派vs野菜派の良いところ討論
2月01日(月) 永野恵 × 大竹ひとみ  ドラ3メンバーをイメチェンするとしたら
2月02日(火) 古川夏凪 × 多田京加  すべらない話、恵方巻
2月03日(水) 本田そら × 岡田梨奈  すべらない話
2月04日(木) 齋藤陽菜 × 吉橋柚花  Lacet、すべらない話
2月05日(金) 永野恵 × 蔵本美結   ドラ3メンバーにバレンタインで本命・義理・友チョコを渡すなら
2月06日(土) 大竹ひとみ × 石綿星南 ドボンについて
2月07日(日) 小林蘭 × 大盛真歩   フリートーク(5つ以上の話題を話せ)

 

個人的に特に面白かった配信

コラボ配信のSHOWROOMも映像倉庫で見られますので、トークテーマが気になった配信はぜひ探して見てください!
今回も特に面白かった配信を紹介していきたいと思います。
ちなみに、リアルタイムで見られなかったのもありますが、今回は全配信を全時間しっかり見ました。(完全にドラ3沼にハマっている人)

一番癒やされた配信

はーたん×まほぴょんの配信です。
僕が今AKB48に一番求めているのは癒やしですが、まほぴょんが常にはーたんを赤ちゃん扱いしているのがとにかく癒やされます。(贔屓目100%)
はーたんの回答や行動にとにかく可愛いを連発するまほぴょん笑
いつかのネ申の保育園ロケでも大活躍のまほぴょんでしたが、子供の扱いが上手なんでしょうね(?)
僕らはいつもはーたんに癒やされていますが、まほぴょんも同じで、その感性の一致から僕らが見たいはーたんの表情を引き出してくれていました。
見ててずーっと笑顔になれる配信で、元気ない時とかによく見ています。最高!
f:id:airjack7:20210210215051p:plain

 

一番笑った配信

蘭ちゃん×柚花の配信です。
蘭ちゃんが標準語で柚花が関西弁という方言入換配信です。
今回のコラボ配信ではやたら標準語を喋らされていた蘭ちゃんですがその1回目です。
ちなみにこのトークテーマは私の提案が採用されたやつです。(また贔屓かよ)
蘭ちゃんが標準語で喋る時って何故かめっちゃぶりっ子になってキャラクターも全然違うのが面白い笑
柚花は柚花で関西弁のレパートリーが3つくらいしかなかったり、考えるのでワンテンポ遅れて発言したり、謎の関西弁使い始めたり、全てがじわじわくる笑f:id:airjack7:20210210221004p:plain

 

ベスト配信

面白い配信は色々あって悩みますが、今回の個人的ナンバーワンはそらちゃん×蘭ちゃんの配信です。
話が深い!
そらちゃんの感情の描写が上手で、当時の繊細な気持ちの揺れが見事に伝わってきます。
視野の広さも素晴らしくて、アイドル修行中に選ばれた側だからこその苦労とか、重い話もあって、僕のようなドラ3後追いの人には当時の状況が知られて貴重な配信でした。
当時からファンの人にとっても昔を懐かしんで楽しい配信になったことでしょう。
本当に素晴らしい配信だったなと思います。f:id:airjack7:20210210223339p:plain

 

メンバーについて

今回のコラボ配信を全部見たおかげでますますドラ3について詳しくなれました。
各メンバーについての印象を書きます。

なづな
とにかくいつも元気で明るい。
コラボ配信ではコラボ相手もいつもよりテンションが高くなっているケースが多くて、その元気さが伝搬するレベルの明るさはすごいですよね。

そらちゃん
個人的に今回のMVP。
視野の広さが素晴らしく、人をよく見ているなという印象で、年長者というのもありますが、精神的に大人なメンバーで、話の面白さ・深さで配信のクオリティを上げていました。
個人的に今まであまり注目していたメンバーではありませんが、今回良さを知れて良かったです。
さっき挙げた蘭ちゃんとの配信だけじゃなくて、ちゃけとの配信も面白くておすすめです。

おかりな
トークテーマについてちゃんと考えてきていたり、良い意味でコラボ配信相手に合わせた態度を取っていて、すごく真面目だな~という印象を受けました。
さっきーがコラボ配信の時にそれでいじっていましたが笑

蘭ちゃん
標準語の時のキャラクターがツボすぎて笑
ツッコミもさすが上手ですね~最後のまほぴょんの配信の時はキレキレでした。

めぐみん
ドラ3イベントの司会見た時にも思いましたが、話が上手いですよね。
可愛いの具現化のようなキャラクターが完成されています。
ふわふわした喋り方が中毒性高くて非常に危険なメンバーです。

ちゃけ
常にしっかりしていて頼りがいのあるメンバーだなと感じました。
蘭ちゃんとのコラボ配信のファッションの話が好きです。

まほぴょん
一見ふわふわしているようで実は人に話を振ったりするのがめちゃくちゃ上手い。
コラボ配信では良い話や表情を引き出していてかなりの有能メンバーに感じます。
きょんちゃんもそうだけど、この2人が最初に昇格したのはめちゃくちゃ納得。

はーたん
見た目可愛いのに、ネタにしろギターにしろ個性的なメンバーだなと思います。
ドラ3の100問100答でくらら一強っぽい癒やしメンバーに3人も挙げていて、まほぴょんと柚花とくららは推しメンにも挙げていてはーたんハマっていますよね笑
中毒性の高い危険なメンバーです。

せなたん
ドラ3コラボ配信ですらあんまり喋らない時あるけど、テンション高い時は面白い。
リアクションの可愛さとツッコミの感じが好きです。

くらら
とにかく癒やし。優しさが溢れていてこんな純粋さ溢れるメンバーなかなかいない。
おそらくAKBで唯一?一人称が「うち」なのがじわじわくる。
そらちゃんが言っていたくららは最初目につかないけど見つけたら勝ちってのにめちゃくちゃ共感しました。
ある時急にくららは可愛いって気づきます。自分がそうでした。

きょんちゃん
この人面白いエピソード多すぎます。
もう3年以上AKBにいるのにいつまでも限りなく一般人寄りの発言が出てくるのが逆に新しい。
歴代ナンバーワンの庶民派メンバーだと思います。
なづなとのコラボ配信の時の水泥棒の話はめちゃくちゃ笑いました。

柚花
ヴィジュアルも声も全てが可愛い。
言うまでもなくハマったら抜けられないタイプに感じます。
この人も話題の幅が広くて話聞いてて面白いです。
個人的に年下メンバーと接している時の感じが好き。

 

 

AKBのドラ3はみんな個性溢れて楽しい集団だなあと思いました。
そこがぶつかり合うコラボ配信はやっぱ良いものができますね。
個々の存在感がもっと増していって、もっと大きな舞台での活躍を期待しています。

<この項・了>