てっの一番いいブログ

AKB48の劇場公演やライブの感想記事がメインのAKB48中級者以上向けのブログ。

TDCホールコンサート短評Vol.4 ~ 19.1.15 AKB48村山彩希ソロコンサート〜私は私の道を行く〜 〜

AKB48村山彩希ソロコンサート〜私は私の道を行く〜
(2019年1月15日 TOKYO DOME CITY HALL

 セットリスト

スクランブルエッグ編集長のGoogle+より引用
M01 シアターの女神
M02 スコールの間に
M03 彼女になれますか?
 
—— MC ——
M05 残念少女
M07 この世界が雪の中に埋もれる前に
M08 7時12分の初恋(13期)
 
—— MC ——
M09 みなさんもご一緒に(村山彩希+16期)
M10 ずっと ずっと(〃)
M11 その汗は嘘をつかない(〃)
 
—— MC ——
M12 100年先でも
M13 思い出以上
M14 毒蜘蛛
M15 今夜、グロリアは誰に抱かれる?
 
—— MC ——
M16 それでも彼女は
 
—— アンコール ——(発動は岡田奈々
E1 私は私
E2 JOKER(※山本彩楽曲)
E3 Be Your Love(※鈴木愛理楽曲)
 
—— MC ——
E4 Mosh & Dive
 
 

感想

13期は僕が初めて最初から現在まで追えている期なので思い入れが深く、今回ゆいりーがソロコンやるというのはかなり感慨深いものがありました。
ソロコン1曲目は「シアターの女神」。
2年前に見たあの最高の13期コンサートの最後の曲がシアターの女神でした。
その続きが同じ地で見られるストーリー性に心躍らされます。
2曲目は13期A5thの「スコールの間に」、3曲目は13期RESETの「彼女になれますか?」とゆいりーの初期の歴史の曲が続き、エモさ溢れます。
とここまで書いて、ソロコン配信映像の本人インタビュー映像でもこの意図だったって触れててちょっと嬉しかったです笑
スコールといえば、13期A5thだけじゃなくて、ヤングツアーでタップダンスリベンジした思い出もありますねー。タップダンスしたのに、その後誰かに話題持っていかれて泣いてたのって何のイベントだったかな……。
 
ユニットブロックでは13期、中盤ブロックでは16期が出演。
ゆいりーの活動の中でも16期プロデュース公演は本人にとって凄く大きい出来事だったのかなと思うし、実際この辺から一気に人気と活躍の幅が広がった気がします。
 
その後のダンスブロックは、タップダンスもあったり、とにかくカッコいい!
個人的にはグロリアやってくれたのが嬉しくて、MT公演って曲が本当に良いですよね。
アンコール前ラストは「それでも彼女は」。
この曲、この日の開演前のSEで初めて聴いたのですが、ゆいりー初めてのセンター曲なんですね。
ゆいりーの活動の歴史と歌詞がどこか重なるところがあって、後ろに流れている映像には泣かされました……この日のハイライトです。
 
アンコール後は、他の人のソロ曲をやり、最後は「Mosh&Dive」。
意外な選曲だなと思いましたが、アンダーガールズに選ばれたのはこれが初なんですね。
普段あまり劇場公演以外の話はしませんが、CDに自分の声が入るのがやっぱり嬉しいのかなって。
 
ゆいりーは運営と考え方が対立してて、干されていた時期も結構ありましたが、そこで信念を曲げずに一貫して活動してきた結果、人気が出てきて、最終的に運営に(が根負けして)認められるという、これが今までにいないタイプで、とんでもないことをやっているなと思わされます。
ゆいりーは劇場公演の話ばかりしますが、握手会も誰に対しても最高の対応をしてくれて、握手でも今や人気トップクラスです。
どんな活動も決して手を抜かず、自らの努力で人気を得てきたのは本当にカッコいいです。
ゆいりーの活動の歴史に残る、凄くやった意味のあるコンサートで、こういったハイクオリティのコンサートに立ち会えたのは幸せですし、ずっと応援していて良かったなあと心から思いました。
この日はソロコンサートなので当然ずっとゆいりーを見ていて、移動の時でも何でも1分1秒として気を抜かず、常にファンを楽しませようとしていることに気づきました。
本当にアイドルの鑑だと思います。
終演後のなぁちゃんのツイッターを始めとして、多くの人の感想に「人柄」「人間性」というワードがありました。なかなかそんなコンサートありません。
ゆいりーの好きなところはいっぱいありますが、やはり人柄がゆいりーの一番の魅力なんじゃないかと思います。
 
Dw9NWhfUUAUAdbV.jpgDw9NWhdU0AEsuCY.jpg
Dw9aHN7VYAUjlS6.jpg
 
開演前のワンチャン玉入れで一番欲しかったゆいり生誕祭の優先購入券をゲットしました。
まさか当たるとは思っていなかったので嬉しすぎます。
あとは休みさえ取れれば……!
 
<この項・了>