てっの一番いいブログ

AKB48の劇場公演やライブの感想を中心に、日々AKB48グループについて記事を書いています。

TDCホールコンサート短評Vol.5 ~ 19.1.16 AKB48矢作萌夏ソロコンサート〜みんなまとめてすちにさせちゃうぞ♡ 〜

AKB48矢作萌夏ソロコンサート〜みんなまとめてすちにさせちゃうぞ♡〜
(2019年1月16日 TOKYO DOME CITY HALL

セットリスト

スクランブルエッグ編集長のGoogle+より引用

M02 意外にマンゴー
 
—— MC ——
M07 ロマンス拳銃
M08 トイプードルと君の物語
M09 せっかちなかたつむり
 
—— MC ——
M10 フレンズ
M12 冬のオペラグラス
 
—— MC ——
M14 愛よ 動かないで(ピアノ伴奏で)
 
—— MC ——
M15 もえきー
M16 やさしくするよりキスをして
 
—— MC ——
M18 約束よ
M19 未来の扉
 
—— アンコール ——
E3 #すちなんだ
 
—— MC ——
E4 もえのことがすちだから
 

感想

矢作萌夏ちゃんは以前、全握のミニライヴで見たことがあって、その時の虫のバラードが強烈なインパクトを残すほど良くて、ただの運営推しとは違うなと思わされました。
この日も改めて「逸材」だと思わされたライヴでした。
とにかく脱帽させられたのは、ステージの完成度。
映像等の演出もありましたが、歌唱力や客を引きつけるステージ力、演出の力を抜きにしても完璧に成立している、まるでAKB48を4~5年はやっている人のステージ。
この完成度を、キャリア1年弱の子がソロでやっているっていうのは信じられない。
僕は日本人らしい判官贔屓なので、その期の運営推しっていうのはなかなか好きにならないのですが、矢作萌夏ちゃんは将来性どうこうでなく、現時点で本物の実力を持っているので、魅了されざるを得ません。
 
印象的だったシーンが未来の扉の間奏で、「AKBの先頭を引っ張っていきたい」のようなことを言っていて、本当にそういう未来になるんだろうなと確信し、その言葉が深く感動しました。
このコンサートの4日前にこじまこちゃんが卒業を発表しましたが、そこに入るのは間違いなくこの子でしょう。
その景色が楽しみで仕方がありません。
今のチームKのこじまこちゃんは、最高の働きをしていますが、それすら超える可能性を感じる期待があります。
こみはるも言っていましたが、チームKに入ったのも完全に正解で、そういう運命なのではないでしょうか。
 
楽曲でずるかったのはMajiでKoiする5秒前
これは本当にずるい。
90年代×矢作萌夏は個人的にどストライクすぎます。
 
あと、ゆいりソロコンと萌夏ちゃんソロコンを見て思いましたが、ソロコンはダンスとかMCとかじゃなくて、とにかく歌唱力が大事ですね。
歌唱力さえあれば、それだけでそこは魅力的なステージ。
 
DxDCbApUYAAY6Bv.jpgDxB7KlmVYAAYDh2.jpg 
<この項・了>
 
Photo by