てっの一番いいブログ

AKB48の劇場公演やライブの感想記事がメインのAKB48中級者以上向けのブログ。

込山チームK AKB48全国ツアー2019〜楽しいばかりがAKB!〜 (19.8.17 ウェスタ川越) セットリスト・感想

AKB48全国ツアー2019〜楽しいばかりがAKB!〜 チームK
(2019年8月18日 ウェスタ川越)

出演

市川愛美、岡田梨奈、小田えりな倉野尾成美、小林蘭、込山榛香下口ひなな、長友彩海、橋本陽菜、春本ゆき、左伴彩佳峯岸みなみ、武藤小麟、武藤十夢茂木忍、安田叶、矢作萌夏、山田杏華、湯本亜美
研究生:末永祐月、永野恵

セットリスト

前座 となりのバナナ(末永佑月、永野恵)


M01 エリアK
M02 ゼロサム太陽
M03 今度こそエクスタシー
M04 Virgin love
M05 RESET
M06 スクラップ&ビルド
M07 その汗は嘘をつかない


—— MC ——
M08 波乗りかき氷矢作萌夏、安田叶、湯本亜美、岡田梨奈)
M09 抱きしめられたら(込山榛香茂木忍、長友彩海)
M10 涙の表面張力(武藤十夢市川愛美下口ひなな左伴彩佳
M11 チューしようぜ!(倉野尾成美、武藤小麟、小林蘭)
M12 またあなたのことを考えてた(峯岸みなみ小田えりな

—— MC ——
M13 青春ガールズ(撮影可能タイム)
M14 偉い人になりたくない(撮影可能タイム)
M15 Teacher Teacher
M16 NO WAY MAN
M17 僕たちは戦わない

—— MC ——
M18 言い訳Maybe
M19 希望的リフレイン
M20 大声ダイヤモンド
M21 前しか向かねえ

—— アンコール ——
EN1 転がる石になれ
EN2 僕にできること
EN3 To be continued.

—— MC ——
EN4 君と虹と太陽と

感想

全国ツアーのチームKのコンサートに行ってきました!
私は今年チームKのステージを、1月の単独コンサート、4月のRESET公演(逆生誕)、4月のAKBフェスでのステージ、7月のRESET公演と見てきました。
そのいずれもが素晴らしいステージで、すっかり込山チームKの虜になってしまいました。
今回のこのコンサートにも、これのために生きていたと言っても過言でないくらいにずっと楽しみにしていました!

コンサートが終わっての感想としては、やはり込山チームKは最高の集団だった!!
毎回毎回こちらが勝手に高くした期待値を遥かに超えてきて驚かされていますが、今回も本当に本当に素晴らしいステージでした!
ふと思い返してびっくりしたのですが、前述の今年入ったチームKの4つのライヴで、いずれも終演後には泣いていました。
そして当然ながら、今回も気づいたらボロ泣きしていました……。
この心震わす熱さがまさしくチームKで、全盛期のチームKが帰ってきたかのような感覚です。
チームKにハマってきた人(私はこれに当たる)や、最近ファンになって映像とかで当時のチームKに憧れを抱く人にとっては最高に楽しいチームなのではないでしょうか。
 

セットリストについて。

今回のセットリストはどうも運営によって固定化されているところがあって、M15~M20とEN4は固定で、チームとして自由度があるのは他の部分です。
こういう余計な強制はコンサートの魅力を落としていることに気づいて欲しいです。
メンバーが全部決めた方がコンセプトに一貫性が出るのに……。
ともかく、自由度が与えられた部分で、チームKは完璧な解答を見せていました。
個人的に特に印象に残った曲を振り返っていきます。

  • ゼロサム太陽
    ずっと見たかった曲。嬉しい。イントロ最高。エモさ溢れる。
  • RESET→スクラップアンドビルド→その汗は嘘をつかない
    この部分は、従来のチームKの良い部分を受け継ぎつつ新しいものを作り上げていくというメッセージ性を感じました。「その汗は嘘をつかない」がみんな全力でめちゃくちゃ良くて、特に十夢と愛美が印象に残っています。このコンサートのベストアクトの1つ。
  • 涙の表面張力
    ユニットは何と言ってもこの曲!
    十夢と愛美の「涙の表面張力」とか自分の妄想が実現したかのようなユニット。十夢の歌い出しがめちゃくちゃカッコ良くて、昔の十夢を思い返すと信じられないくらいに成長していて、雷鳴に打たれたかのようなインパクトと感動がありました。
    ユニットは他にも、峯岸とおだえりの歌の上手さを活かした「またあなたのことを考えていた」だったり、あやみんの「抱きしめられたら」だったり、メンバーを最大限に活かす見事な適材適所の配置。キャプテンは本当によくメンバー見ているなと感心します。
  • 希望的リフレイン
    十夢と小麟のダブルセンターです。
    いつもの小競り合いなども含めて、2人が並んで踊っているところを見て、背景や経緯を想像するととても感動があって……。
    運営の固定曲の部分でこんな活かし方ができる発想の凄さ。
  • 転がる石になれ→僕にできること→To be continued.
    アンコール明け。最高でしかない。
    特にKのアイデンティティが強い3曲をアンコール明けに持ってくる破壊力。
    To be continued.の大サビでのチームKコール。
    観客は勿論この曲をやることを知りませんので、自然発生したコールです。
    転石もそうでしたが、あまりにも素晴らしいステージだったために、体が勝手に反応してコールしていました。
    TbcのチームKコールの感動はかなりのものがあって、この最高の空間にいた体験は忘れられません。



メンバーについて。

どうも私はチームKでは十夢、こみはる、愛美の3名に目が行ってしまうようです。

十夢は表情が特に優れていて、ダンスも上手く、持ち前のパフォーマンスで後輩を引っ張っていっているように感じます。
こみの、コンサートのセットリストの相談にのったり、あやみんに抱きしめられたらを1時間つきっきりで教えたり、チームKにとってかけがえのない存在ですね。
私の大好きな横山チームA(1期)でもそうでしたが、中堅が機能することは良いチームに欠かせません。

愛美はまさしくパフォーマンスの鬼。
事あるごとに言っていますが、今のAKBでナンバーワンのパフォーマーだと思います。
「その汗は嘘をつかない」やダンスブロックでのキレのハンパなさ。
愛美のダンスは激しさと綺麗さを両立しているのが凄いです。

そしてこみはる
こみはる推しが羨ましくなるくらいに、最近のこみは魅力に溢れすぎています。
こみがキャプテンになると発表された当時、自分が抱いていた期待値としては正直なところ一番低かったです。
まさかこんな最高のチームを作り上げる最高のキャプテンになるとは想像もしていませんでした。
っていうかほとんどの人がこんなにキャプテン向きの人材だなんて思っていなかったのではないでしょうか。

f:id:airjack7:20190819230024j:plain


この日は出番の少なかった研究生にもMCで見せ場を作ったり、チームのみんなを活躍させようとする、チームの雰囲気の良さが素晴らしいです。
愛美が冒頭で言っていたように、メンバーもファンも本当に一体となっていて、最高の思い出ができたコンサートになりました。 
数日経っても未だに余韻に浸ってるくらい笑
最高で最強の込山チームKをこれからもっともっと体感していきたいです。
他のチームも見たいし、チームコンサート2日だけじゃなくてもっとやってくれ~!

f:id:airjack7:20190820001049j:plain

<この項・了>

※写真はスクランブルエッグ編集長のツイッターより